当サイトにプロモーションが含まれるよ。
当サイトにギャグなどネタが含まれるよ。
当サイトに激アツお得情報も含まれるよ。
オモロイとこだけ読みゃあええんやで!

【陸マイラー入門書】飛行機に乗らない!ANA・JALのマイル貯め方の秘密

最近テレビやSNSで話題『陸マイラー』は、飛行機に乗らずマイルを大量に貯めるひとたちのこと。

マイルと言ったら、飛行機に乗ると貯まるポイントのイメージがありますよね。でも、1回の搭乗で貯まるポイントは数百〜数千マイル程度しかありません。マイルを使って特典航空券に交換すると国内線1往復だけで1万5千マイル必要です。飛行機に乗ってマイル貯める場合、20回くらい搭乗してやっと貯まるマイル数です。みなさんが飛行機に乗る回数なんて、年1回〜3回程度って方が多いですよね。

マイルを貯めたい方に伝えたいことは、

飛行機に乗らなくても大量のマイルを貯めることができる!

テレビでも紹介されるほど注目される大量マイル稼げる裏ワザを余すことなくお伝えしますよ。

えっ、裏ワザなのに教えちゃっていいの?と思うかも知れません。

陸マイラーにとっては、王道の方法ですよ。

あなたは知らなかったけど、誰でもできる再現性がある方法だからこそ注目されてます。

陸マイラー王道のマイル貯め方なら、お金を使わずに年間30万以上の大量マイルを貯めることができます。

初心者の方が貯めやすくて、1年目とか2年目なら簡単に達成できる目標ですよ。

30万マイルあれば、家族4人でハワイ旅行を実現できます。

あなたの周り、学校、近所、友人などで、毎年ハワイ旅行する家族っていませんか?

隣の家族は海外旅行に出かけるのに、私たちは憧れの眼差しを送ってますよね。勇気を出して、隣の家族にマイルの貯め方を聞いても「出張で飛行機に乗るよ」とか「クレカで貯まるよ」とか言われて、実際にマネしてもマイルは貯まらなかった経験した方も多いはず。

正直な話、私も友人や隣人に聞かれたら、出張とかクレカとか話を誤魔化します。

なぜなら、陸マイラーにとって王道の方法でも、一般人には裏ワザだから!

知り合いに立ち話やLINEで気軽に「真実」を話すと、その後に「質問攻めにされて面倒くさい」からですよ。

陸マイラーだけが知っている裏ワザだからこそ、1回の話ですべてを理解することは不可能です。専門用語が多くて頭の中は「???」になります。だからこそ、実際に手を動かしながら、この記事を中心に繰り返し読むことで、1ヶ月後に「あぁなるほど!これならマイル貯まるよ」って納得してもらえます。

この記事を読むことで、あなたも陸マイラーとして、飛行機に乗らずに年間30万以上の大量マイルを貯めることができるようになります。

数日で結果はでません。最低でも1ヶ月後から成果が見えてきて、1年経つとマジでびっくりしてもらえるくらいマイル貯められます!

めっちゃ簡単!マイルを貯める方法は3種類のみ

ANAとかJALのマイルをたくさん欲しいですよね!

マイルは、飛行機のポイント制度として有名ですよ。

でも、なんとなくマイルは難しそうとか、飛行機に乗らないとマイルが貯まらないとか、思ってますよね。

そんな方こそ、この記事がおすすめ!

マイルに興味はあるけど、 どうやってマイルを貯めたらいいのか? 飛行機に乗る必要があるの? テレビやSNSで飛行機に乗らなくてもマイルが貯まると聞いたけど、どうすればいいの?

こんな感じに興味はあるけど、迷ってしまっている方に向けて、マイルの貯め方3種類をズバッとお伝えしますね。

マイルの貯め方は、3つあります!

これ、ANA、JAL、共通の貯め方なので、両方で有効な方法ですよ。

1つ目は、みなさんも知っている「飛行機に乗る」ことでマイルを貯める。

2つ目は、航空会社のANAカードとかJALカードのクレカ支払いでマイルを貯める。

3つ目は、ポイントをマイルに交換するポイント交換でマイルを貯める。

マイルを貯めるなら3つのうち、いずれかを使うことになりますよ!

飛行機に乗ってマイル貯めるのは難しい

きっとあなたのイメージは、1つ目の飛行機に乗る方法だけでしたよね。

でも、年に1回〜3回くらいしか飛行機に乗らないから、マイルは関係ないなんて思っちゃいます。

確かに、年数回の搭乗で貯められるマイルは非常に少ないです。

国内線1回乗ると数百マイル〜千マイル程度を貯められる。

飛行機に乗ってマイル貯めるなら、とにかく回数が多い人が有利なんですよ。

陸上でマイルを貯めるなら誰でも可能だよ

飛行機に乗らずにマイルを貯める方法は、2つもあります!

「クレカ支払い」「ポイント交換」です。

つまり、飛行機に乗って上空に羽ばたかなくても、陸上の日常生活でマイルが貯まる。

あなたも、この2つの方法を使って、マイルを貯めることできますよ!

そう、陸上でマイルを貯める「陸マイラー」なら、誰でもマイルが貯められる。

陸マイラー入門!ここ10年で超絶神化したマイルの歴史

陸マイラーとは、飛行機に乗らずに陸上でマイルを貯める方法のクレカ支払いやポイント交換のテクニックを使って、効率よく大量にマイルを貯める人のことです。

読み方は「りくまいらー」「おかまいらー」の2種類あります。どちらと言う決まりは無くて、自分の好きな読み方で呼んでいます。

日常生活の中でマイルを貯めることができるからこそ、あなたも実現できるマイルの貯め方ですよね。

そんな、陸マイラーの貯め方は、時代によって方法が変化していますよ。

正直な話をすると直近10年間で陸マイラーは進化と言うより、神化して大量にマイルを貯めることを実現できちゃう!

昔は年間1万〜3万マイル程度が、陸マイラーの限界と言われていたんです。それでも、1万5千マイルあれば特典航空券で国内線1往復できるから嬉しいかった。

今は年間30万マイルを初心者でも貯めることができる!

これだけマイルがあると、家族4人でハワイ旅行に行けてしまう...

マジでヤバイですよね。10倍もマイル貯めれるなんて、信じれない。

そう、信じられないくらいマイルが貯まるようになったから、テレビで特集番組が放送されたり、SNSで話題になっていますよ。

テレビやSNSで注目される陸マイラーのテクニックを詳しくお伝えします。

昔の陸マイラーはクレカ支払いが唯一のワザ

マイルの歴史を知っていますか?

飛行機が発展すると同時に「マイル」と言うポイント制度も誕生しましたよ。

1980年代から飛行機に乗るとポイントが貯まる「マイル」が始まります。

この頃には世界各地を飛び回ってマイルを貯める人たちが存在して「貴族の遊び」なんて呼ばれていました。

昔はマイルをたくさん持っている人は、必ずお金持ちだったから。

飛行機に乗ることでしかマイルを貯めることができないにも関わらず。

大量のマイルを所有して、マイルを使ってタダで飛行機に乗っていたんですよ。

陸でもマイルを貯められるようになったのは、

1997年になると「クレジットカードの支払い」でマイルが貯められるようになりました。

つまり、日常生活でクレジットカード支払いをするとマイルが貯まるから、ANAカードやJALカードと言ったクレカを使ってマイルを貯める陸マイラーが誕生します。

今でも、ANAカード、JALカード、クレカを使ってマイルを貯める方法は、陸マイラーとして有名な方法!

ANAカードやJALカードを使うことで、100円支払い毎に1マイル貯まる。

還元率1%でマイルを貯めることができます!

最近は、コンビニ、スーパー、ガソリンスタンドなど、日常生活のあらゆる場面でクレジットカード支払いができます。

さらに、Amazon、楽天市場、Qoo10など、ネットショップなら、クレジットカード支払いが定番になってますよね。

こんな感じで、クレジットカードを使って効率よくマイルを貯める陸マイラーが流行っていました。

しかし、時代の変化は激しくて、直近10年で大きく流れが変わります。

クレカ支払いでマイルを貯めるより、ポイント交換で貯めた方が効率良いぞってことに、気づき始めたんですよ。

今だと、クレカ支払いは陸マイラーの「サブ」的なマイル貯め方。

スマホひとつで密かにマイル貯める陸マイラーの真実は「ポイ活」

マイルを貯める方法は、「飛行機に乗る」、「クレカ支払い」、「ポイント交換」の3つ。

直近10年間で、注目されるようになったのが「ポイント交換」です!

確かに昔からポイントをマイルに交換することで、マイルを貯める方法がありました。

当時は、交換の効率が悪かったりデメリットが多かった。

しかし、ここ最近はデメリットが改善されたから、注目されるようになったんですよ。

なぜなら、最近はポイントの種類が増えて、ポイ活という方法が登場したから。

ポイ活とは、ポイント活動の略称のことで、ポイントをお得に貯めたり、マイルなどに効率よくポイント交換できるポイントサイトのことです。

2005年頃からポイントサイトが登場しました。

ポイントサイト当初はガラケーやパソコンが主流で、2008年に初代iPhoneが発売されたくらい昔なんですよ。

ポイ活が注目されるようになったのは、みんながスマホを使うようになった、ここ10年くらいの話。

スマホを使うようになると、簡単にお小遣いを稼げることや節約術として注目されて、ポイントサイトが少しずつ話題を集めます。

2016年以降は、陸マイラーの黄金期と言われ、はてなブログ、Twitter、Instagram、YouTubeなど、SNSを中心にポイ活で大量にマイルを貯めることがネット界隈で話題になります。

2018年以降は、テレビでも紹介され「マツコの知らない世界」、「ヒルナンデス」、「沸騰ワード10」など、ポイ活やマイラーのテクニックが紹介されました。

初心者でもマイルを貯めて家族でハワイに行く模様だったり、芸能人がマイルを貯めて旅行や上級会員を目指して修行する模様が話題になり、陸マイラーが注目を集めています。

今、陸マイラーに必要なことは、スマホやパソコンで毎日10分のポイ活すること。

これを続けるだけで、年間30万マイル以上を貯めることができ、家族4人でハワイ旅行に行くこともできる驚きの世界が広がりますよ。

実際に陸マイラーとして、マイルを貯めて使って楽しい旅行を実現する方法をお伝えします!

【ステップ0】超初心者向けマイル・マイレージとは

そもそも航空会社のマイルとかマイレージってよく分からないと思っている初心者に向けてANAとJALの基礎知識をお伝えします。ANAカード、JALカード、マイレージカードの違いから丁寧に知りたい人はここからはじめよう!

もう基本的なところ知っているなら読み飛ばしてもらってもOKです。

【ステップ1】陸マイラーのマイル貯め方

準備編:大量マイルの貯め方

超重要!陸マイラーが年間30万マイル以上貯める真実をお伝えします。私も2017年からこの方法を実践しています。貯めたマイルを使って2018年にANA上級会員のSFC、2020年にJAL上級会員のJGCになることができました。

実践編:ポイ活 ポイントサイト攻略法

陸マイラーの王道であるポイントサイトを実際に使って大量ポイント獲得する攻略方法です。まずはモッピー、ハピタスからスタートするのがおすすめ。慣れたら複数サイト使って効率的にマイル貯めていきましょう。

はじめて挑戦するときは不安もありますよね。大量ポイント獲得できる案件についても書いてあります。再現性がある方法なので誰でも同じようにポイントサイト使えばたくさ貯められます。ポイントサイトは無料です。さらに初心者ほどマイル貯めやすいです。1年目や2年目なら初回限定の大量ポイント案件だけでがっつりポイント貯まります。

1番ポイント獲得できるポイントサイトを探すときは「どこ得」がおすすめ。サイト横断で獲得ポイント数を一括比較できます。

クレジットカード支払いで貯める

私はANAゴールドカード、JAL普通カード、マリオットアメックスの3枚を使ってマイルを貯めています。あくまでクレカ支払いでマイルを貯める方法は補助的に使うことがおすすめです。

【ステップ2】マイルの使いみち・マイル交換方法

ポイントサイトで貯めたポイントはマイルに交換しましょう。ANAみずほルート、JALドリームキャンペーンで効率的に交換できます。

ANAみずほルートは20%増量で交換

「みずほルート」または「ニモカルート」を使うとポイントサイトからANAマイルに交換率70%で交換できる裏ワザがあります。通常に比べて手間はかかりますが20%増量で貯められます。

交換率は両方おなじですが、ニモカルートは九州と函館にあるニモカポイント交換機に行く手間が必要ですが、みずほルートならネットのみで手続きできるからおすすめです。

JALドリームは30%増量で交換

モッピー限定JALドリームキャンペーンを使うと80%でJALマイルに交換できます。ひと月の交換上限12,000ポイントですが貯めにくいと言われるJALマイルを効率的に貯めれる唯一の方法です。

ANAマイルの使いみち

JALマイルの使いみち

【ステップ3】憧れ上級会員の世界 ステータス修行

マイル修行やステータス修行は、航空会社の上級会員になることを目的に飛行機に搭乗を繰り返すことです。テレビでジャニーズの風間俊介、女優の福地桃子など多くの芸能人も実践していることが取り上げられて有名になりました。みんなが憧れる上級会員になると受けれる特別待遇のすべてを公開します。

私もANAとJALの両方の上級会員資格を取得しています。貯めたマイルをスカイコインやeJALポイントに交換することで、1円も使わず上級会員資格分の搭乗実績を稼げます。SFCやJGCになれば毎年クレジットカード年会費のみで上級会員の資格を維持できる魅力の世界があります。

上級会員の特権にラウンジがあります。飛行機に乗る前を快適に過ごせる特別な空間を大公開します。カードラウンジはゴールドカードを所有すれば手軽に誰でも使えますが、ANAラウンジやJALサクララウンジは上級会員のみが使える特別な場所です。

マイルを使ってファーストクラスやプレミアムクラスに搭乗することもできます。意外と知られていない上級クラスについて、搭乗から順を追って解説しているから初めて搭乗するときにも参考にしていただけます。

【おまけ】飛行機に関する豆知識

飛行機に関するちょっとした豆知識を追加でお伝えします。

初めて読んだときは意味の分からないことや難しい専門用語も多くて、本当に貯まるのか疑問になります。周りのみんなが口を揃えて「実践したら少しずつ分かったよ」と言います。その後、もっと早く知りたかった、今までの貯め方はなんだったんだと悔しさにあふれています。

試しにひとつ実践して、マイルが貯まることを自分で体験することが重要です。もし、分からないことや疑問に思うことがあれば調べると案外簡単に解決できる。まずは一歩行動してみよう!私も初めの頃はそうでしたが、数カ月後には「マイルってこんなに簡単に貯まるのかよ!」と驚くはずです。