燃油サーチャージとは?予約時期で大きく変わる「燃油特別付加運賃」について

国際線の航空券を購入するときに追加でかかる費用に「燃油サーチャージ」があります。
特典航空券で発券した場合も必ず支払う必要があり、マイルのみで国際線の特典航空券を発券できない理由にもなっています。
今回は、国際線で追加で発生する費用の「燃油サーチャージ」について解説します。

スポンサーリンク


燃油サーチャージとは

燃油サーチャージは、別名「燃油特別付加運賃」と呼ばれています。原油価格の高騰に伴い、企業努力では吸収しきてない航空機の燃料費用の一部をお客様に負担していただく追加運賃のことです。本来、航空燃料費用は航空運賃に含まれるべきものでるが、航空燃料価格の不安定な変動に対応するため、通常の運賃とは別に請求される運賃です。
ANAやJALの場合は、国際線は別途燃油サーチャージが加算され請求されます。国内線は運賃に含まれています。
燃油サーチャージの請求は、航空券の購入時に加算され請求される運賃です。燃油サーチャージは市場の燃油価格に基づき、引き上げ、引き下げされます。そのため、数ヶ月先の国際線購入券を購入した場合、購入時と搭乗直前に運賃に差が発生することがあります。しかし、航空券を購入したタイミングの燃油サーチャージが適用されるので、搭乗時に追加で費用を請求されたり、返金されることはありません。航空券を購入した日が重要になるのです。原油価格が下がっている時期の場合、今日購入するより、翌月購入した方が1万円以上航空券が安いなんてこともあります。

スポンサーリンク

燃油サーチャージ 改定時期

燃油サーチャージの価格が変わるタイミングは固定されています。燃油サーチャージは2ヶ月間毎に見直しがなされます。
ANAやJALの場合、燃油サーチャージの価格は直近2ヶ月のシンガポールケロシン市場価格の平均を用いることに決まっています。

シンガポールケロシン市場価格とは
シンガポールの市場で取引されるケロシン価格のことです。
ケロシンは燃料の原料です。灯油やジェット燃料やロケット燃料などんも石油になります。

購入日は燃油サーチャージの適用期間です。
平均算出対象期間は燃油サーチャージの金額を決める期間です。
4月~5月の間に国際線の航空券購入する場合、12月~1月のシンガポールケロシン市場価格の平均を用いて燃油サーチャージが決定します。
仮に12月~1月の市場価格が高く、2月~3月に市場価格が大幅に下がった場合、航空券を購入するのは4月~5月より6月~7月に購入した方が燃油サーチャージが下がりお得に航空券を購入できます。

スポンサーリンク

燃油サーチャージ 区間金額対応表

燃油サーチャージが実際いくらになるのか気になると思います。
各区間とシンガポールケロシン市場価格の平均によって、燃油サーチャージの金額が決定します。
つまり、石油の取引価格を調べると今後の燃油サーチャージが概ね予想することができます。
ANAやJALなどの航空会社から燃油サーチャージの発表があるのは適用期間の1ヶ月~1.5ヶ月前にホームページ等で燃油サーチャージの発表あるので気になったら確認してみると良いです。

まとめ

アメリカやヨーロッパなど長距離の国際線を利用すると燃油サーチャージで思ってる以上に高額になることもあります。
事前に燃油サーチャージの仕組みや金額が予想できれば国際線の予約を決める決め手にはなると思います。

たんたん。

今からマイルを貯めよう!ANA、JALのマイル・マイレージの貯め方、使い方!毎年の航空券が無料にできる!

JALカードでマイル貯めるなら!JAL普通カードが最強!100円毎1マイルたまる!

ANAカードの選び方!陸マイラーにとって最適ANAカードを選ぶ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)