年間20万以上の大量ANAマイルの貯め方 陸マイラー初心者の体験記

ハワイ旅行に行くなんて憧れますが、また夢のような話ですよね。

実際に友人と話をしているなかで「毎年海外にマイルを使って旅行に行くんだよ。」なんて話をすると必ず返ってくるのは「どんなクレジットカード使えばそんなにマイル貯まるのか教えてよ」ってことで、ANAカードを使ってそれから裏ワザを使えば貯まるんだよなんて話を濁しています...

あと「すごい出張で飛行機に乗りまくるんだね」なんて話もあります。確かに仕事で各地を飛び回る人にとってはマイルが貯まりやすいですが、そんなの自分とは無縁の世界。

みなさんが話題にするのは「クレジットカード支払い」や「飛行機に乗る」2つの話をしますが、実際は誤解なんですよ。この2つでは年間1〜3万マイル程度が上限です。つまり、ANA3万マイルがあっても国内線1人で1往復しかできません。

例えば、東京〜ハワイをビジネスクラスなら1人6万5千マイル、エコノミーでも1人4万マイルが必要になります。家族4人ならエコノミーで16万マイルあればハワイに行けます。年間20万マイル以上が目標なのは毎年ハワイに家族旅行することが目標だから。26万マイルあればビジネスクラスで毎年家族でハワイに行けます!

この記事は普段の会話でお茶を濁してる「裏ワザ」の話を余すこと無く詳しく書きます!

えっ友人にも教えない話を書いて良いの?って思いますよね。ぶっちゃけ良いんです。会話ではうまく伝わらない部分も文字に書くから正しく伝わります。1回読んで分からないことも、ブログなら繰り返し読み返せます。私が何回も話すのは辛いけど、ブログならみなさんの好きなときに復習できます。

裏技と言ってますが、誰でもできる再現性がある方法です。ちょっとした固定概念を変えるだけで、1年目の初心者でも年間20万マイル以上稼げます。

基礎知識!ANAマイルの貯め方はたった3つ

たくさんマイルを貯めたい気持ちを抑えて、本題の前に超重要なマイル基礎知識を伝えます。

ずばり、ANAマイルの貯めた方は3種類!

  • 飛行機に乗ってマイル貯める
  • クレカ支払いでマイル貯める
  • ポイント交換でマイル貯める

なんとなくいろんな方法を使ってマイルを貯めているように思ってましたよね。

実際に貯め方を分類すると3つの方法に分けることができます。逆にこの3つしか無いので覚えるのも簡単ですね。マイルが貯まったら3つのうち、どの方法で貯まったのかを考えてみましょう。

友人が話すマイルの貯め方は必ず「飛行機に乗る」か「クレカ支払いする」かの2択なんですよね。ただし、この2つでは年間数万マイル程度が上限になります。つまり、ほとんど貯まりません。

まずはどうして飛行機に乗ったり、クレカ支払いではマイルが貯まらないのかお話します。みなさんもこの2つで努力して辛い思いをしてきた人が多いんですよ。ちゃんと理解してないから努力をしてしまう。ここでしっかり基礎知識を身に着けましょう!でも、飛行機に乗るのもクレカ支払いするのも補助的にマイルを貯めるのは有効な方法です。

つまり裏ワザは「ポイント交換」です。いやいや、そんなの貯まらないよって思ってましたよね。実は陸マイラー界隈では超がつくほど「王道」なんですよ。知らない人が多いだけ。ポイント交換でマイル貯める方法を詳しくお伝えます!

飛行機に乗って貯めるのは出張族だけの特権

マイルを貯めると言えば飛行機に乗ったときに貯まる「フライトマイル」が有名ですよね。その名の通り、飛行距離と運賃の種類に応じてマイルがもらえます。はたして大量にマイル貯まるのでしょうか?

仕事で頻繁に出張に出かけるあなたならマイルが貯まると思います。

例えばあなたが東京から札幌へ毎週1回の出張することを想像してみましょう。多忙ながらもANA上級会員の中でも最高峰のダイヤモンドメンバーに必ずなれます。ダイヤモンドになるとフライトマイルは130%増になります!他の人よりマイルが貯まりやすくて有利です。それでは、実際に1年間でどのくらいマイルが貯まると思いますか?

なんと年間52回の札幌出張で8万9千マイル貯まります。東京と札幌を52往復も馬車馬のように働いて、航空券代は全額会社持ちでも年間200万円以上かかって得られるのは、たった8万9千マイルなんです。まして個人が年間200万円も航空券に使える訳がありません。運良く仕事の出張だからできる貯め方なんですよ。

ダイヤモンドメンバーの友人もいますが、出張で飛行機に乗るから上級会員になれただけです。もちろん上級会員のVIP待遇は羨ましいのですが、年間10万マイルが手に届くかどうかしかマイルが貯まらないのが現実なんですね。

出張族でも無い、一般人が年に1〜2回のフライトで貯まるのは数千マイル程度です。

クレジットカード支払いで貯めるには年収の壁に突き当たる

ANAマイル貯めるならANAカードを使うのが1番効率良いと思いますよね。実際にクレジットカード支払いで1%の還元率でマイルが貯まるANAカードは優秀なクレカです。

高還元と言われる1%還元のクレカで支払いでも、年間20万マイル貯めるのは不可能!

すごく簡単な話ですよ。1%還元は100円支払い毎に1マイルが貯まります。ANA20万マイル貯めるには2,000万円のクレジットカード支払いが必要なんです。大金持ちで年収5,000万円ある人なら、確かに日々の支払いで2,000万円を達成できると思います。しかし、私を含め一般庶民がそんな大金を毎年支払い続けることはできません。

クレカ支払いで毎年20万マイル貯めるには、年間2,000万円支払いが必要です。

例えば年収1,000万円以上の勝ち組でも、クレカ支払いは500万円も使ったらすごい方です。還元率1%のANAカードで年間500万円なら、5万マイル貯まります。

最近話題のマリオットアメックスの1.25%で年間500万円でも、6万2千マイルが限界です。

クレカ支払いで大量マイルを貯めることはできませんが、補助的に使うのは有りだと思います。私もANAカードやマリオットアメックスを日常の支払いで利用します。ただし、大量にマイル貯める目的では使っていないのが現実です。

テレビの「沸騰ワード10」でジャニーズの「風間俊介」など有名人のマイラーが話題になっています。マイラー特集の中でクレジットカード支払いでめっちゃマイル貯まると押してきますよね。それは、風間くん位の年収がある有名人なら余裕でクレカ支払いでも年間20万マイル貯めることができるからです。テレビでANAカード押しなのは年収の高い有名人だからできる技なんです。

じゃあ、平均年収の一般庶民でも大量マイル獲得できる方法を探っていきましょう。

ポイント交換してマイル貯めるために発想の転換が鍵となる

クレカ支払い、飛行機に乗る、これら定番2つの方法は、大金を使う必要があることが分かりました。

3つ目の「ポイント交換でマイルを貯める」と聞いてもパッとどんなことなのかみなさんイメージできないですよね。Tポイントや楽天ポイントからANAマイルに交換できることを知っている人は多いです。でも、交換率が悪いとか元のポイントも貯めるのが大変なのであまり使われないマイナー手段になっています。

どうやってお金を使わずに年間20万以上も大量にマイルを稼ぐのでしょうか?裏ワザと言う方法を私が使って実際に20万マイル貯めてきたのかを話します。

まずは、全体ながれがこちら。

  1. モッピーやハピタスなどポイントサイトで毎月3万円相当以上ポイントを貯めます。
  2. 3万ポイントをみずほルートで交換してANA2万1千マイルにします。

これで毎月21,000マイルずつ貯まり、年間で252,000マイルになります。

ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換する!これは陸マイラーにとって王道です。

昔はソラチカルートや東急ルートなど色々な交換方法がありましたが、現在はみずほルートとニモカルートの2種類のみです。ニモカルートは九州または函館まで行って、現地の交換機でポイント交換が必要です。九州と函館に住んでる人はニモカルートも選択肢としてはありです。ネットだけで簡潔するから、全員におすすめできる王道はみずほルートのみ。

今までのあなたは、飛行機に乗ることやクレカ支払いに力を入れてマイルを貯めてきてたと思います。一生懸命に頑張ってきたことは素晴らしいことです。しかし、その方法では年間1〜3万マイル貯められる程度で、誤解をしていたんです。WEB検索をすればこのブログ以外にもポイントサイトを使って10万、20万、30万マイルと大量に獲得できる情報であふれています。ポイントサイトを使う方法は裏ワザでも秘密でもありません。王道の方法です。飛行機に乗るやクレカ支払いという誤解に気づき、発想の転換をできるのかが今後、ANAマイルを大量に貯められるかの分かれ道になります。

大量にマイル貯めるのに初心者向けも上級者向けも差はない

もちろん、この記事を読んで初めてマイルを貯める人にもポイントサイトを使う方法はおすすめです。

なぜなら王道の方法はただ1種類、ポイントサイトで貯めたポイント交換するだけ。

初心者向けとか上級者向けとか無いんです。誰でもいつでも同じ方法の再現性があるマイルの貯め方だから。今日からあなたもポイントサイトを初めましょう。1年後には大量のマイルを獲得できます。1日も早く行動した人だけが得をします。

実は、ポイントサイトからマイル交換する交換レートは年々悪化傾向にあります。2019年廃止ソラチカルート交換率90%、2022年4月廃止東急ルート交換率75%と高レートで交換できました。現在のみずほルートとニモカルートは交換率70%です。いつまでこのレートで交換できるかは分かりません。つまり、早いもの勝ちの世界です。ここ最近はテレビで陸マイラーやステータス修行の特番が放送されて、マイルを貯めることが人気になっています。注目をあびた結果、企業の想定以上にポイントからマイルに交換してしまうと、交換ルートを閉鎖する動きが活発になっています。今後もみずほルートやニモカルートに多くの人が殺到すると廃止されてしまう可能性があります。あなたも早く行動して、たくさんマイルを稼ぎましょう。

年間20万ANAマイルがもたら効果とは

まるで夢と思っていた大量のマイルを稼いだらどんなことができると思いますか。初めてマイルを貯める人にとってピンとこないと思います。年間20万マイル貯めたらできることを紹介します。

  • ファーストクラス世界一周
  • ファーストクラスでロンドン
  • ファーストクラスでニューヨーク
  • ビジネスクラスに夫婦2人でパリ
  • ビジネスクラスに家族3人でサンフランシスコ
  • ビジネスクラスに家族4人でハワイ
  • ビジネスクラスで韓国8往復
  • 東京-沖縄に15往復
  • 東京-札幌に17往復
  • 東京-大阪に20往復
  • ANAの上級会員「SFC」取得

ファーストクラスなんて大富豪が乗ってると思ってましたよね。まさかマイルを使って乗れるなんて思っていませんでした。しかも世界一周だってできるんです。そんなこと考えたこともなかった世界が広がっています。

今まで海外行くなら窮屈なエコノミークラスでしたが、これから日常的にビジネスクラスを使えるようになるくらい年間20万マイルは破壊力がありますね。しかも、家族で毎年ハワイに行くのは余裕ですよ。他にも行ってみたいと思っていたところへ足を伸ばしてみましょう。

マイルと言えば特典航空券として使うイメージが強いですよね。実はANA SKYコインに交換すると有償航空券の支払い、ホテルと航空券がセットのダイナミックパッケージの支払いなどお金と同等に使うことも可能です。たくさんマイルを貯めて、ANA SKYコインに交換することで憧れのANA上級会員のSFC取得もマイルを使って実現できます。

ANA SFC スーパーフライヤーズカード

ポイントサイトで毎月3万貯めることはできる?

さて、あなたの人生に劇的な変化を与えてくれるマイル。誰でも、簡単に、楽して稼げたら、航空会社は破綻しています。実は「楽して」は貯められません。大量にマイル貯めるためにポイントをマイルに交換しますよね。ポイントサイトから複数回交換してやっとマイルにできます。複数回交換なんて面倒とみんなは思っていますが、あなたならANAマイル貯め方の知識をしっかり吸収して実践できます。実は大量にマイル貯めることは、誰でもやればできることです。

「本当にポイントサイトで毎月3万も貯められるの?」と思いますよね?

正直に言うと継続できれば可能です。ポイントサイトを使った方法は、楽ではありません。面倒なこともあります。毎月安定して稼げる訳でもありません。正直、1ヶ月で8万稼げて翌月は1万しか稼げないこともあります。まずは1年間継続することができれば誰でも稼ぐことができます。

さらに初心者ほどマイル貯めやすいです。1年目や2年目なら初回限定の大量ポイント案件だけでがっつりポイント貯まります。具体的なポイントサイトの攻略方法は別記事にまとめているので併せて読んでみてください。

初めて読んだときは意味の分からないことや難しい専門用語も多くて、本当に貯まるのか疑問になります。周りのみんなが口を揃えて「実践したら少しずつ分かったよ」と言います。その後、もっと早く知りたかった、今までの貯め方はなんだったんだと悔しさにあふれています。

試しにひとつ実践して、マイルが貯まることを自分で体験することが重要!もし、分からないことや疑問に思うことがあれば調べると案外簡単に解決できる。まずは一歩行動してみよう!

まとめ

年間20万マイルへの道は飛行機に乗ることやANAカードを選ぶことでも無く、ポイントサイトをはじめること。陸マイラーは全員が実践している王道の方法です。みんなは少し早く知っているだけ、今からでもがっつりマイルを貯められます。

初めてのことだから不安な気持ちやめんどくさいと思ってしまいますよね。

私も初めの頃はそうでしたが、数カ月後には「マイルってこんなに簡単に貯まるのかよ!」と驚いていました。翌年にはANA上級会員になるほど、マイルを使って旅行を楽しんでいます。ポイントサイトでマイルを貯める実践編は別記事で詳しく解説しています。ANAだけじゃなくてJALも共通の方法だからおすすめ。