スポンサーリンク


ANA特典航空券(国内線)基礎知識を徹底解説!

ANA国内線の特典航空券の基礎知識を徹底解説いたします。

マイルで交換できる航空券が特典航空券です。必要マイル数や販売期間など特典航空券には独自ルールが多くあります。今回ははじめて特典航空券を予約しようと思っている人に向けて基本となる知識をまとめました。

ANA国内線特典航空券は、国内線全路線が対象!片道5,000マイルから予約できます。予約は1月と8月の一斉発売から搭乗日前日まで。変更とキャンセルも可能なので、柔軟に利用できる便利でお得な特典航空券を活用しましょう!

スポンサーリンク


ANA国内線特典航空券 概要

  • 対象便:ANA国内線全路線対象
    (コードシェア便もOK)
  • 対象区間:片道 または 2区間
  • 対象クラス:普通席
    (プレミアムクラスは2日前アップグレード可能)
  • 必要マイル数:5,000マイル~
  • 変更:可能(予約便出発前まで)
     ただし、変更便は翌日以降、WEBのみ
  • キャンセル:1名3,000マイル(電話のみ)
  • 予約期間:前日まで
     夏ダイヤ1月下旬発売(3月最終日曜日~10月最終日曜日前の土曜日まで)
     冬ダイヤ8月下旬発売(10月最終日曜日~3月最終日曜日前の土曜日まで)

ANA国内線特典航空券 対象区間と必要マイル数

特典航空券は日本全国すべてのANA便で利用することができます。
対象区間:ANA便名の日本国内線全路線
ANAと共同運行するコードシェア便も対象!例えば、エアドゥ、スターフライヤー、ソラシドエアなどもANA特典航空券で利用できます。

特典航空券と交換にするために必要なマイル数は、距離と季節に応じて、24種類に別れていいます。
ほとんどの区間が301~800距離マイル区間になり、
6,000マイル、7,500マイル、9,000マイルで片道と交換できます。
往復する場合は2倍のマイル数!
12,000マイル、15,000マイル、18,000マイルで往復。

各シーズンは、毎年変更されますが、目安をお伝えします。

ローシーズン:1月、2月、4月、12月
レギュラーシーズン:3月上旬、5月~7月、8月下旬~11月
ハイシーズン:正月、3月下旬、GW、8月、年末

基本はレギュラーシーズンになります。
ローシーズンの1月、2月、4月、12月なら特典航空券がおトク!
出かけれ人が増える連休や年末年始にはハイシーズンになりますが、少し多くのマイルを支払うことで特典航空券が利用できます。特典航空券を利用できない期間がないのも魅力です。

詳しくはANA公式のこちらで確認できます。

スポンサーリンク

ANA国内線特典航空券 どのくらいお得なの?

特典航空券はお得と言うイメージが強いと思います。
実際にどのくらいお得なのか計算してみましょう!

例えば、東京から福岡まで行く場合、
明日行くなら、バリュー運賃29,200円
3ヶ月後に行くならスーパーバリュー運賃10,200円
もちろん出発時間によって価格も変動します。
特典航空券なら明日でも、3ヶ月後でも
レギュラーシーズンで7,500マイル
何時の出発でもマイル数は同じ!
常に一定のマイルで飛行機に乗れることが特典航空券のメリットです。

どのくらいお得なのかを調べるなら、マイル単価を計算します。
マイル単価とは1マイルの価値のことです。特典航空券で必要になるマイル数を航空券購入に必要になる金額で割ることで計算できます。
特典航空券の必要マイル数が7,500マイル
明日なら3万円なので1マイル4円相当
3ヶ月後なら1万円なので1マイル1.3円相当
つまり運賃が高い明日の方がマイル単価が高くてお得と言えます。「

どちらの場合でも1マイル1.3円~4円でマイルが利用できるのでお得なマイルの使い方が特典航空券です。
マイルの価値は2円~15円と言われています。国内線特典航空券は2円以上を目安に利用しましょう!

ANA国内線特典航空券 デメリット 販売席数に制限あり

特典航空券ならマイルのみで飛行機に乗れる便利な航空券です。
しかし、特典航空券にはデメリットもあります。
通常の運賃を支払って飛行機に乗る場合は、空席がある限り航空券を購入することが可能です。

特典航空券の場合、各便に座席数の制限があります。
飛行機毎に販売席数が決まっていて、一部の席数しか販売されません。

通常運賃では空席数が多くても特典航空券の枠が埋まってしまっていることもあります。
逆に通常運賃の空席数が少なくても特典航空券で予約可能な場合もあります。
各便で特典航空券を何人予約しているかによって予約できるか、できないが決まります。

特典航空券は、早い者勝ち!
必ず特典航空券で予約したいなら、発売開始と同時予約がおすすめです。

スポンサーリンク

ANA国内線特典航空券 予約期間

特典航空券の予約は前日までできます。
発売は年2回の運行ダイヤ期間ごとの一斉発売から予約できます。

空席があれば搭乗の前日まで特典航空券を予約できます。
急な用事や思い立った旅行など柔軟に利用することができます。

特典航空券には販売座席数の制限があります。
特に旅行シーズンの繁忙期には、あっという間に満席になることもあります。

確実に特典航空券を予約したいのなら、発売と同時に予約することがおすすめです。
年2回、一斉発売によって販売が開始されます。

・1月下旬発売(夏ダイヤ:3月最終日曜日~10月最終日曜日の直前土曜日搭乗分)
・8月下旬発売(冬ダイヤ:10月最終日曜日~3月最終日曜日の直前土曜日搭乗分)

1月下旬と8月下旬の年2回一斉発売が実施されます。
簡単に説明すると、
1月下旬に発売されるのは、4月~10月搭乗分
8月下旬に発売されるのは、11月~3月搭乗分

GWや夏休みの予約は1月下旬。
年末年始の予約は8月下旬。
絶対に特典航空券を手に入れたいなら、1月下旬と8月下旬を意識して、旅行の計画を立てましょう。

もし、特典航空券が満席でも、いっしょにマイル割なら空席があるかもしれません。合わせて検討しましょう。

ANA特典航空券 国内線 予約変更とキャンセル

国内線特典航空券は、予約便出発前まで変更とキャンセルができます。
予約変更はWEBのみ、キャンセルは電話のみ、受け付けています。

予約変更
方法:WEBのみ
期限:予約便の出発前まで
変更後の予約便:出発日前日まで

予約変更手続きは、ANA国内線特典航空券の予約確認ページからできます。
予約便の出発時刻前までに手続きを受け付けています。
同区間で日付と搭乗便の変更ができます。
変更できる便は、出発日の前日まで予約できます。
つまり、搭乗当日→搭乗当日:NG、搭乗当日→搭乗翌日:OK
搭乗日当日に別の時間の便へ変更することはできません。
ただし、搭乗日前日に翌日の便の時間を変更することはOK。

キャンセル
方法:電話のみ
払戻手数料:1名3,000マイル
受付期間:第一区間予約便の出発前まで
払戻マイル有効期限:有効期限の変更なし。有効期限切れは失効となり払戻なし。

予約キャンセルは、電話で「ANAマイレージクラブ・サービスセンター」の「国内線特典予約(2)」にて受け付けています。
上級会員の場合はメンバーデスクの電話番号でも手続きできます。

電話でのみ受け付けています。
営業時間や混雑状況によっては期限の出発前までに間に合わない場合もあるので、早めのキャンセルがおすすめです。

払戻によって口座に戻るマイルの有効期限に変更はありません。
特典航空券購入前と同じ有効期限になります。
払戻時点で有効期限切れとなるマイルは失効となり、払戻されないので注意が必要です。

 

陸マイラー必見!ANAマイルが1番貯まるANAカード比較解説まとめ

ANA東急ルートとは?交換率75%でポイントサイトからANAマイルへ交換する方法を解説!2020年の陸マイラー新ルート

永久の上級会員!ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)の世界を徹底解説

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)