スポンサーリンク


LCCと大手航空会社(JAL、ANA)の違いとは?

格安航空会社(LCC)と大手航空会社でどんな違いがあるのか。座席やサービスなど値段の違いでどんな差がでるのか比較して解説いたします。
LCCと大手航空会社では価格が半額にも安くなることもあり見逃すことができない存在です。
一方、荷物の多い旅行にLCCを使うのは気をつける必要があります。
LCCと大手航空会社の違いを詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


LCCとは

LCC(ローコストキャリア)は、効率化によって低い運用費用を実現してサービスを簡素化することで、低い運賃を実現する格安航空会社のことです。
安全に関わる点においては大手航空会社と同じ基準で運航するのでLCCも安全に空の旅を楽しむことができます。特に飛行機は新品を購入するLCCが多く、安全かつ快適なフライトが楽しめます。

国内線を運航するLCC

  • エアアジア
  • ジェットスター
  • ピーチ
  • 春秋航空

国内線でLCCとして運航する会社は4社のみです。
成田、関空、セントレアを拠点として日本の各都市へ就航しているので使い勝手も良いです。

スポンサーリンク

LCCとJAL、ANAの違い

飛行機に乗ると言ったらどんな航空会社を思い浮かべますか?
JALやANAなのではないでしょうか。
一方、LCCのエアアジア、ジェットスター、ピーチ、春秋航空は聞き慣れないのではないでしょうか。
大手のJAL、ANAとLCCではどんな違いがあるのか比較してみましょう。

価格は大手の概ね半額の運賃になるのが目安になります。
安く飛行機に乗れる一方で、色々なサービスがオプションとして有料になっているのがLCCの特徴です。

預け荷物はLCCではすべて有料です。事前予約と当日で料金が違うので、スーツケース等を持って行くなら事前予約が重要!値段は約2,000円かかります。機内に持ち込む荷物も当日重量を測るLCCもあります。LCCの場合、荷物の重量を事前に考える必要があります。数泊や1週間など長期旅行は荷物が多くなり、思わぬ出費になることもあります。1泊や日帰りなど身軽な旅行ほどLCCはお得に利用できます!

座席指定はLCCの場合、有料です。1席500円程度かかります。指定しない場合、2人や3人の旅行でも席がバラバラになることもあるので事前指定がおすすめ!
座席間隔はLCCは狭くなってしまいます。LCCで最も使用されるA320という機種では、ANA166席に対してLCC180席あります。大手との差はこぶし1個分程度です。国内線は1時間〜2時間程度のフライトが多いので辛いと感じるほどではないと思います。追加料金を払えば最前列や非常口席など座席間隔が広い席を選ぶこともできます。

機内サービスはLCCの場合、すべて有料です。国内線ならLCCも大手も大きな差は無いと思います。
Wi-Fiサービスも1時間程度利用できるかどうかです。仕事やSNSを利用したなどあれば大手かと思いますが、フライト中の短時間利用できないだけであればWi-Fi有無に差は感じないでしょう。

国内線は長くても約2時間のフライトになります。
大手より狭い座席でも辛いと感じることは無いでしょう。
価格を考えれば安く飛行機に乗れるメリットが上回るならLCCがおすすめ!

スポンサーリンク

LCCで気をつけたいポイント!

LCCは大手より大幅に運賃が安いことが最大のメリット!
しかし、色々なサービスがオプションとなっております。
特に荷物の重量に関してはとっても厳しい!
LCCは空港で1個ずつ荷物の重さを測ることもあります。リュックサックなどの手荷物も対象です。
数日の旅行になればお土産を買うことも多くて想像以上に荷物が増えることもあるでしょう。
そんなときに当日に追加料金を払うことになると大手航空会社より高くなってしまうハプニングに見舞われてしまうこともあります。
旅行を事前に計画することがLCCを利用することコツになると思います。

LCCの預け荷物の料金は各社異なります。ピーチの場合、預け荷物1個20kgが事前予約1,700円、当日カウンターの場合2,800円かかります。機内持ち込みは7kgまでが無料です。
一方、大手航空会社なら個数は関係なく預け荷物が合計20kgまで無料で預けることができます。さらに機内持ち込み+10kgもあり、合計30kgまでが無料です。

まとめ

気楽に日帰りや1泊などの旅行を大幅に安く済ませることができるLCCは旅行の幅を広げることができます。
荷物が増えれば追加料金や座席指定で料金など思わぬところで費用が発生するデメリットもあります。
旅行のスタイルに合わせてLCCと大手航空会社を使い分ければお得に飛行機を利用することができます。
特にLCCはセールも多くあるのでこまめに運賃をチェックして安くなったときに旅行を楽しんではいかがでしょうか。

たんたん。

JALカードでマイル貯めるなら!JAL普通カードが最強!100円毎1マイルたまる!

ANAカードの選び方!陸マイラーにとって最適ANAカードを選ぶ!

燃油サーチャージとは?予約時期で大きく変わる「燃油特別付加運賃」について

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)