みずほルートなら交換率70%!ポイントサイトからANAマイル交換の新定番【2022年4月以降必須】

2022年以降の定番!「みずほルート」は交換率70%でANAマイルを貯める方法を解説します。

ポイントサイトで貯めたポイントをどうやってマイルに交換するのがお得なのか、みんなが悩んでいます。マイル交換方法は日々変わり続けるから情報に追いつかないといけないから大変ですよね。過去にはソラチカルートや東急ルートと呼ばれる交換方法が有名でしたが、現在はすべて閉鎖されてしまいました。

現在、利用できる交換方法は「ニモカルート」と「みずほルート」の2種類あります。交換率は両方とも70%です。

ニモカルートは、ポイント交換途中のニモカポイントからANAマイルに交換するときに九州または函館にあるポイント交換機で毎回手続きする必要があります。九州や函館に住んでいる人にとっては選択肢になりますが、他の地域の人にとって毎回遠征する必要があるから難易度の高い交換方法です。

みずほルートは、交換回数が多いデメリットがありますが、ネットの手続きだけ完結するから全員におすすめの交換方法です。陸マイラーの王道とも言えますね。

初めてみずほルートを使ってマイル交換する人に向けて詳しく解説します。

スポンサーリンク


みずほルート交換のながれ

はじめにみずほルートで交換する全体像をお伝えします。

①ポイントサイトからTポイントに交換します。(交換率100%)
②TポイントからJRキューポに交換します。(交換率100%)
③JRキューポから永久不滅ポイントに交換します。(交換率100%)
④永久不滅ポイントからANAマイルに交換します。(交換率70%)

つまり、1万ポイントを7千マイルに高レートで交換できる方法です。

ただし4回も交換が必要なので手間がかかることが難点ですが、交換率70%の高レートのためにも努力が必要ですね。もし、ポイントサイトからANAマイルに直接交換は50%なので、20%増のみずほルートの70%は魅力の交換率です。

みずほルート必須条件

高レートで魅力のみずほルートですが利用には条件があります。

  • みずほマイレージカード/ANA
  • JQ CARDセゾン
  • Tポイントカード

みずほルートを使って交換するために3つのカードが必須です。

年会費無料ですが新たにクレカ2枚を所有する必要があります。

スポンサーリンク

みずほマイレージカード/ANAとは

みずほルートとも呼ばれる由縁にもなった、超重要カードです。永久不滅ポイントからANAマイルに高還元で交換する出口になります。

みずほマイレージカード/ANAは、みずほ銀行キャッシュカードとみずほ銀行クレジットカードとANAマイレージが一体になったカードです。名前からしてややこしさ満載のカードですね。

年会費は無料。

ただし普通のクレカと違い、みずほ銀行の銀行口座も必要になります。

みずほ銀行に口座が無い人の場合、

①みずほ銀行の口座開設
②みずほマイレージカード/ANAを発行

この2ステップが必要です。銀行口座の開設はスマホアプリで申請して、後日郵送でキャッシュカードが届きます。つまり、家で簡単に口座が作れて簡単なのは嬉しいですね。

銀行口座を作ったら、みずほマイレージカード/ANAを公式サイトから発行しましょう。

ポイントサイトの案件はありません。だから、公式サイトのみ。

みずほマイレージカード/ANAは、永久不滅ポイントからANAマイル交換に使います。

他の永久不滅ポイントが貯まるカードでもANAマイル交換ができますが、交換レートが違います。通常は交換レート60%ですが、みずほマイレージカード/ANA限定で交換レート70%に増えてます。少しでも多くマイル貯めるためにも年会費無料のみずほマイレージカード/ANAは必須ですね。

実はちょっとした裏ワザが存在します。みずほマイレージカード/ANAを持っていると他のカードで永久不滅ポイントも交換レート70%でANAマイルに交換できます。永久不滅ポイントの貯まるクレカはたくさんの種類がありますよね。複数枚セゾンカード持ってるよって人も多いんです。だから、他のセゾンカードで支払ったポイントをANAマイルにするときみずほマイレージカード/ANAと合算して交換率70%でANAマイル交換できます。通常より10%増で交換できる裏ワザです。

他のセゾンカードと合算してANAマイル交換率70%を応用するためにもJQ CARDセゾンが必要になってきます。

JQ CARDセゾンとは

JRキューポから永久不滅ポイントに交換するためにJQ CARDセゾンを使います。

JQ CARDセゾンは、JR九州とセゾンカード一体になったクレジットカードです。

年会費は「年1回のカードご利用で無料」になります。1年間ご利用が無い場合は年会費1,375円がかかります。忘れずに年1回クレカ支払いに使えば、毎年無料で使えます。

JRキューポもJR九州のポイントの名前です。九州に住んでいる人なら電車に乗ったり、日常の買い物などでも貯まる定番ポイントのひとつですね。他の地域の人にとっては馴染みがなく、ポイント交換目的に利用することになってしまいます。そんな人にもおすすめなのは、九州で新幹線や特急に乗るとき「JR九州インターネット列車予約サービス」を使うと専用割引運賃とJRキューポの還元を受けれてお得なので九州行くときに活用しましょう。

JQ CARDは複数種類がありますが、必ずセゾンカードを選んでください。JRキューポから永久不滅ポイントに交換するために必須です。

決済ブランドはVISA、Master、JCB、AMEXから好きなものを選べますが、JRキューポから永久不滅ポイントに交換できるのは「JQ CARD セゾン会員様限定」特典なんです。ポイントサイトからマイルまで複数回交換するときに交換率100%を維持するためにもJQ CARD セゾンが必須になります。

JQ CARDセゾンは不定期ですが、ポイントサイトの案件があります。いつでも必ずある訳ではないので、見つけたらすぐ申込みましょう。

スポンサーリンク

Tポイントカードの作り方

すでに持っている人も多いですよね。初心者の人にも向けて、Tポイントカードの作り方をお伝えします。

今はスマホアプリ「Tポイントアプリ」で簡単に作れるようになりました。アプリをインストールして必要事項を入力したら、モバイルTカードの発行完了です。

Tポイントは、ポイントサイトからTポイントに交換して、それからJRキューポに交換するために使います。Tサイトにログインして、TポイントからJRキューポに交換手続きするだけで完了です。

まとめ

ポイントサイトからANAマイルに高レート交換する方法のみずほルートを解説しました。現在の交換ルートはニモカルートとみずほルートの2択となり、ネットのみで完結するみずほルートは全員におすすめの方法です。

ポイントサイト→Tポイント→JRキューポ→永久不滅ポイント→ANAマイルと4回も交換が必要なので従来より複雑なのがデメリットですが、70%のためにもメインルートとして使っていきましょう。

スポンサーリンク