完全解説【マリオットアメックス】旅行好きマイラーに愛される魅力

陸マイラーや旅行好きの間で話題になっている「マリオットボンヴォイアメックス」を聞いたことがありますか。名前のとおりホテルチェーンのマリオットとクレカのアメリカンエキスプレスが提携したカードなんです。

少し前まではSPGアメックスと言う名前でした。なので、「SPG」とか「マリオット」とか呼ばれていました。もし、友人のマイラーから話を聞いたことがあるなら、確実にこのマリオットボンヴォイアメックスの話ですね。

どうして、陸マイラーや旅行好きが好んでマリオットアメックスを使うのかと言うと、マイルが貯めやすいからです。いやいや、還元率1%のANAカードやJALカードが良いやんって思うかもしれませんが、マリオットアメックスなら還元率1.25%でANAとJALの両方貯められます。それだけじゃない、30以上の航空会社のマイル貯められます!

そんな都合の良いクレカあったら人気になりますよね。だから、みんな使ってます!

だがしかし、良い話ばかりではなくデメリットもあります。クレカの年会費は超高額の5万円です。いやいや、そんなの誰が払えるねん!ツッコミが飛んできそうですが、年会費の元が十分取れるから使ってる人が多いですって、落ち着いてください。年会費の元を取るにはクレカ支払いを年間150万円以上使うとホテル1泊無料の宿泊券もらえます。アホか、誰がそんなに払えるねん!!...

初めてマリオットアメックスについて耳にしたとき、陸マイラーや旅行好きには「お金持ち」か「気が狂った人」しか、居ないのではないかと思ってしまうでしょう。確かにマリオットアメックスを使いこなすには年間150万円以上のクレカ支払いは必須です。それ以下なら他のカードの方がお得と言えます。しかし、150万円超えたらマリオットアメックスを使わない理由はありません。今回は超ラグジュアリーなクレジットカードのマリオットアメックスのお話しをしますよ。

自分とはほど遠い世界と思ってしまった人も、実はANAカードやJALカードで年会費1万円くらい払ってませんか?ちょっと計算してみましょうよ。2〜3枚くらいの軽い気持ちで意外に年会費を払ってますよ。クレカ利用額も年間で計算すると、びっくりするくらい払ってます。事実、私がそうです😇

マイルに興味がある人は財テク派な人多いんです。想像を超える発見がマリオットアメックスにはあります。このカードを知る人こそクレカでマイルを貯めることに秀でた勝ち組です。あなたの雑学としても役に立つから、ちょっとマリオットアメックスの話を聞いていってくださいな。

マリオットアメックスをおすすめする人、おすすめしない人

あなたにとってホテルはどんな場所ですか?

きっと男の方なら、即答で「寝る場所」と答える人が多いんです。それはサラリーマンとして、日々仕事を努力している証拠でもあります。戦う企業戦士のサラリーマンは、出張で疲れて辿り着くのはビジネスホテルってことが大半です。なので、男性の多くはホテルなんて寝れればそれでヨシ!それ以上のことを求めてなんですよね。確かにビジネスでホテルを利用するのであればそれで十分かもしれません。

少し利用シーンを変えてみましょう。あなたは大切なパートナーと記念の旅行に来ています。そのとき、どんなホテルを選びますか?

即答で、とにかく安いビジネスホテルって答えちゃう人も多いと思います。一方で、一緒に出かけるパートナーの気持ちを少し考えてみてください。恋人や夫婦など、とても大切な相方ですよね。記念の旅行だから、いつもより気合をいれてお洒落に着こなした乙女心を理解してあげることって大切ですよね。

思い出してみてください。記憶に残っている旅行はどんな旅行でしたか。どこか場所へ行った記憶もあるかもしれませんが、どんな宿に泊まったのかも記憶にあると思います。必ずしも高級とは限りません、修学旅行のようにワイワイ騒いだ記憶やきれいな景色が見える部屋なんてことを覚えていますよね。

これから大切なパートナーと旅行に出かけるとき、どんなホテルを選ぶのかって実はすごく重要なことなんです。もちろん快適に寝れることは当然ですが、何度も訪れている観光地でもホテルが違えば見え方も変わります。そして、相方の記憶にはしっかり刻まれます。

マリオットアメックスをおすすめする人は、大切な相方と記憶に刻まれる旅行を楽しみたい方におすすめです。

年間150万円以上のクレカ決済をすると翌年にホテル1泊無料の宿泊券がもらえます。たかが無料宿泊券と思ってしまいがちです。正直な話、このホテルが素晴らしいんですよ。年1回は記念日に旅行してホテルに滞在することありますよね。そのときに使うのもおすすめです!

通常の料金を支払って宿泊すると1室5万円程度のホテルを無料宿泊特典で滞在できます。この特典を利用するだけでもマリオットアメックスの年会費5万円を元を取れてしまいます。ちゃんと宿泊特典を利用しても1泊1室2名まで無料なんです。さらに除外日はなし!年末年始、夏休み、いつでも空室がある限り利用できます。なので、記念日にもおすすめなんです。むしろ記念日を作って旅行を楽しむことも良いアイデアだと思います。

記念日の旅行でも節約したいってこともあります。確かお金で1室5万円、2人で泊まればひとりあたり2万5千円のホテルは高いと感じることもあるかもしれません。そんなときこそ、「1泊無料の宿泊券をもらったから、それ使ってもいい?」って聞いてみるのもありですよ。お金を出すのは抵抗あっても、宿泊券があるとか、ポイントがあるとか、相方に説明すれば、すんなり受け入れてもらえます。あくまで宿泊券は口実ですよ。実際に泊まったらいい感じのホテルでびっくりしてもらえます。

マリオットアメックスは、大切な相方と記憶に刻まれる旅行を楽しみたい方におすすめです。一方で、ホテルは絶対に格安ビジホしか使わない人にはおすすめしません。

記憶に残る大切な旅行を相方と共に楽しみたいあなたにマリオットアメックスの5つの魅力をお伝えします。

Marriott Bonvoy AMEX カード概要

マリオットアメックスカードは、2種類あります。デザインや名称が似ているから気をつけてください。詳しいカードスペックを知りたい方は後半で比較表も掲載しています。

  • Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード
    (通称:ノーマルカード)

    年会費:23,100円
  • Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
    (通称:プレミアムカード

    年会費:49,500円

正直な話をするとノーマルカードは微妙です。年会費が安いから選びたくなりますが、マイル還元率が下がったり、無料宿泊のホテルランクが下るなど特典もいまいちなんですよね。

おすすめは、プレミアムカードです。年会費は高額ですが、十分に年会費の元を取ることができますので、そのあたりを中心にプレミアムカードの魅力をお伝えします。

マリオットアメックスの魅力は大きく5つある

マリオットアメックスは、ホテルチェーンのマリオットとカード会社のアメックスがコラボレーションしたクレジットカードです。数多くの特典がありますので魅力を5つに分けてお伝えします。

  1. 無料宿泊特典の魅力
  2. マイル交換の魅力
  3. マリオットボンヴォイポイントの魅力
  4. マリオットホテルグループの魅力
  5. アメリカン・エキスプレス・カードの魅力

特に始めの2つが旅行好きや陸マイラーに必須と言われる魅力です。これだけでも年会費以上の価値があります。あと3つは使いこなすとさらにお得になる魅力の特典です。

マリオットアメックス 無料宿泊特典の魅力 年会費相当の価値あり

マリオットアメックス・プレミアムを発行すると年会費49,500円がかかりますが、初年度は無料宿泊特典はありません。1年目に年間150万円以上のクレカ支払いと2年目の年会費を支払うと無料宿泊特典がもらえます。それ以降も、年間150万円分の支払いとカード継続の2つの条件をクリアすると毎年1泊分のホテル無料宿泊特典がもらえます。

年間150万円分の支払いとは、クレジットカードを利用した金額のことで、普段のお買い物などの合計額です。カード発行した月を1ヶ月目として1年間で150万円分の利用することが目標になります。

カード継続で2年目の年会費支払い後、1〜2ヶ月後に自動で無料宿泊特典がもらえます。

無料宿泊特典は電子クーポンで、マリオットのアカウントに反映されます。プレミアムなら50,000ポイントまでのホテル1泊無料、ノーマルなら35,000ポイントまでのホテル1泊無料になります。このポイント数はマリオットのポイント宿泊で利用するポイントのことです。マリオット公式サイトからポイント宿泊で検索するとホテル毎の必要ポイント数が分かります。

だいたい、1ポイント1円相当で利用できます。5万ポイントなら1泊5万円相当のホテルまで泊まれます。正確には季節や条件で変動するので、セールや閑散期を狙うと想像以上にお得なこともあります。

マリオットアメックス無料宿泊特典のルール

  • プレミアムカード:50,000ポイントまで
  • ノーマルカード:35,000ポイントまで
  • ポイント宿泊の対象ホテル
  • 1泊1室2名まで無料(子供はホテルごと条件が違うので要問合せ)
  • 予約制限日なし、空室あれば利用可能
  • 有効期限は発行から1年

無料宿泊特典の対象ホテルはマリオット系列でポイントを使って宿泊できるホテルが対象です。一部の特殊なホテルは対象外ですが、実は世界8,000以上のほとんどすべてのホテルが対象になので使い勝手良いです。

マリオットの価格帯は大きく分けて3つあります。

  • ラグジュアリー:1泊10万円前後
  • プレミアム:1泊5万円前後
  • セレクト:1泊1万円前後

ノーマルカード年会費23,100円に対して35,000ポイントもらえるならお得に思えてしまいます。しかし、1年間150万円支払い条件はプレミアと同一です。さらに、35,000ポイントは中途半端なんです。中心となる価格帯が5万円前後なので、必然的にお安いホテルで1万円前後を選ぶことになります。ただし、1泊してポイントが余ってもは繰り越しはできません。1回で35,000ポイントを使い切るか、余った分は捨ててしまうことになる落とし穴があります。

プレミアムカードなら50,000ポイントまでのホテルが対象なので、ホテルの選択肢が多くて使いやすいです。正直、デートや記念日にもおすすめできるクオリティのホテルに泊まれます。実際に私が無料宿泊特典で利用したホテルをご紹介します。

このビルを知っている人は多いと思います。

日本一高いビル「あべのハルカス」は大阪の天王寺にある超高層ビルです。近鉄百貨店や大阪阿部野橋駅として知られていますが、ビル高層階に「大阪マリオット都ホテル」があります。

無料宿泊特典を使って、スタンダードルームの「スーペリアルーム」を予約しましたが、チェックインする時に「アッパーフロアスーペリアルーム」へアップグレードしてもらえました。これはマリオットアメックス・プレミアム付帯のゴールドエリート会員としての特典で客室のアップグレードをしてもらえます。

無料の宿泊特典で泊まっているのに、上位ランクのお部屋に案内してもらえることもあります。

無料宿泊特典はマリオット公式サイトに「1泊分のサーティフィケート」として付与されます。公式サイトからポイント宿泊を選択して50,000ポイント以下の客室を予約します。支払い画面で無料宿泊特典を選択するだけで簡単に使えます。

祝日やイベント時期でも対象客室に空室がある限り使えます。除外日(ブラックアウト)が無いのも無料宿泊特典の魅力です。

気になるのは同じ日に通常料金で泊まるといくらなのかってことですよね。1番お得な会員料金で55,739円です。マリオットアメックス・プレミアム年会費49,500円と比べても無料宿泊特典で年会費の元は十分に取れます。

公式で予約するより旅行サイトの方が安いと思う人もいますが間違えです。マリオットは公式が最安値になります。もし、他で安い料金プランを見つけたら「ベストレート保証リクエストフォーム」で通報して最安値より安い価格で宿泊できる仕組みがあるから公式サイトが最低価格になります。

翌年は若者向けのポップな高級ホテル「Wホテル大阪」に宿泊しました。心斎橋の御堂筋沿いにある漆黒ビルが有名です。色使いからも従来のホテルとは異なる遊び心がありながらも一流のサービスが心地よく、今までの高級ホテルのイメージが一新されます。

W大阪 ワンダフルルーム

さらには翌年は「ザ・リッツ・カールトン大阪」に宿泊しました。大阪駅前にある伝統的な高級ホテルとして有名です。一度は泊まってみたい憧れがあるホテルにも無料宿泊特典は利用できます。

大阪のホテルばかりを紹介してしまいましたが、マリオット系列は日本に70以上ホテルがあり、無料宿泊特典の対象としてこのようなホテルに泊まれます。

  1. 東京:ウェスティンホテル東京
  2. 東京:ザ・プリンスさくらタワー東京
  3. 東京:メズム東京
  4. 大阪:ザ・リッツ・カールトン大阪
  5. 大阪:セントレジスホテル大阪
  6. 大阪:大阪マリオット都ホテル
  7. 京都:ウェスティン都ホテル京都
  8. 京都:ザ・プリンス京都宝ヶ池
  9. 北海道:ウェスティン ルスツリゾート
  10. 宮城:ウェスティンホテル仙台
  11. 千葉:シェラトン・トーキョーベイ
  12. 神奈川:横浜ベイシェラトン
  13. 山梨:富士マリオットホテル山中湖
  14. 長野:軽井沢マリオットホテル
  15. 静岡:伊豆マリオットホテル修善寺
  16. 愛知:名古屋マリオットアソシアホテル
  17. 滋賀:琵琶湖マリオットホテル
  18. 奈良:JWマリオット・ホテル奈良
  19. 和歌山:南紀白浜マリオットホテル
  20. 広島:シェラトングランドホテル広島
  21. 沖縄:シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  22. 沖縄:ルネッサンス・オキナワ・リゾート

ほんの一例ですが、気になるホテルや名前を知っている有名ホテルもあったと思います。もちろん、海外のホテルも対象になります。

例えばハワイの場合、

  1. モアナサーフライダー
  2. ロイヤルハワイアン
  3. シェラトン・ワイキキ
  4. リッツカールトン・ワイキキビーチ

ホノルルのカラカウア通りに面した超有名ホテルもマリオットグループです。

マリオットアメックス・プレミアムの無料宿泊特典は50,000ポイントまでのホテルに泊まれます。必要ポイント数は季節によって変動するので気をつける必要がありますが、ポイントディスカウントセールもあって有名な高級ホテルにも泊まれます。

無料宿泊特典だけでもカード年会費相当の元が取れて、有名なホテルにも宿泊できますが、さらに旅行好きや陸マイラーに人気の魅力があります。

マリオットアメックス マイル交換の魅力 ANA・JALマイル2.5倍貯まる

マリオットアメックスでクレジットカード支払いすると「Marriott Bonvoy ポイント」(マリオットボンヴォイ)を貯めることができます。通称マリオットポイントはホテル宿泊に使う以外にマイルに交換することも可能です。そして、マイル交換レートは一般的なクレジットカードより2.5倍貯めることができます。

マリオットアメックスのポイント付与率は以下になります。

  • 普段の買い物などの支払い
    100円毎=3マリオットポイント
  • マリオット系列の支払い
    100円毎=6マリオットポイント

マリオットアメックスを使った支払いで貯まるポイントは、通常は100円毎3マリオットポイントで貯めることができます。日常生活のコンビニ、スーパー、百貨店などのほとんどはこのレートでポイントを獲得できます。マリオット系列のホテルの宿泊やレストランなどを利用すると100円毎6マリオットポイント貯めることができます。普段より2倍貯められてお得になります。

日常生活の支払いを中心にマリオットアメックスを利用してポイントを獲得していくため、支払い用のメインカードとして使うことがおすすめの使い方です。貯めたマリオットポイントはそのままホテルの宿泊に利用すると言う使いみちもあります。例えばマイルで飛行機を予約してホテルはマリオットポイントと言った使い方もできます。

マリオットポイントからマイルに交換することができます。対応する航空会社はなんと30社以上のマイルに交換できます。

1.ANAマイレージクラブ
2.日本航空 JALマイレージバンク
3.エーゲ航空 Miles+Bonus
4.エアリンガスAerClub
5.エアロメヒコ クラブ プレミエ
6.エア・カナダ アエロプラン
7.エールフランス/KLM フライング・ブルー
8.ニュージーランド航空 Airpoints
9.アラスカ航空 Mileage Plan
10.アメリカン航空 AAdvantage
11.アシアナ航空アシアナクラブ
12.アビアンカ航空 LifeMiles
13.ブリティッシュ・エアウェイズ Executive Club
14.キャセイパシフィック航空アジア・マイル
15.コパ航空 ConnectMiles
16.デルタスカイマイル
17.エミレーツ・スカイワーズ
18.エティハド航空 Etihad Guest
19.FRONTIER Miles
20.海南航空 Fortune Wings Club
21.ハワイアン航空 HawaiianMiles
22.Iberia Plus
23.InterMiles
24.大韓航空スカイパス
25.LATAM航空 LATAMPASS
26.Multiplus Fidelidade LATAM Pass
27.カンタス・フリークエントフライヤー
28.カタール航空プリビレッジクラブ
29.サウディア Alfursan
30.シンガポール航空クリスフライヤー
31.サウスウェスト航空 Rapid Rewards
32.TAPポルトガル航空 Miles&Go
33.タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス
34.ターキッシュ エアラインズ Miles&Smiles
35.ユナイテッド航空マイレージプラス
36.ヴァージンアトランティック航空 Flying Club
37.ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer
38.ブエリング航空 Vueling Club

もちろん、みなさんが普段から貯めているANAやJALも対象です。他にもエミレーツ航空、エティハド航空、シンガポール航空など、一度は乗ってみたい憧れの航空会社を利用することができます。

気になるのは交換率ですよね。ANAカードやJALカードよりもマイルがためやすくないと話になりません。もちろん、高レートだから陸マイラーや旅行好きが揃ってマリオットアメックスを利用しています。

細かな話をすると30社以上のマイルのうち、2社のみ交換率は違います。1社目はニュージランド航空の交換比率200:1があげられます。200マリオットポイントに対して1マイルに交換するので還元率0.00015%になります。6,666円毎1マイルなんて最悪ケースもあります。2社目のユナイテッド航空なら交換比率3:1.1なので、3マリオットポイントに対して1.1マイルに交換でき交換率1.1%なので100円毎1.1マイルの高レートの場合もあります。

この2社以外は3:1の100円毎1マイルの還元率1%になります。ここからはみなさんが気になるANAとJALに特化して解説します。

正直、マリオットアメックスのマイル交換レートは非常に良いから航空会社のクレジットカードより多くマイルを貯めることができます。

  • ANAカード:100円毎に0.5〜1マイル
  • JALカード:100円毎に0.5〜1マイル
  • マリオット:100円毎に1〜1.25マイル

つまり、0.5マイルに比べて1.25マイル貯まるなら、その差は2.5倍になります。先程、マリオットの場合は大半が3:1の還元率1%になるとお伝えしましたが裏技があり1.25%に増やすことができます。

マリオットアメックスの場合、100円支払いで3マリオットポイントを貯まり、3マリオットポイントをANAまたはJALの1マイルに交換できます。つまり、交換率は1%になります。

クレジットカードでマイルを貯める場合、100円=1マイルの交換率1%を超えると高還元カードと言われています。マリオットアメックスは航空会社と関係ないカードなのに、普段使いから1%の高還元を手軽に達成することができます。実はマリオット系列のホテルで支払った分は2倍になりますが、頻繁にマリオットを使う人は少数派だと思います。マリオットホテルならもっとお得と言いたいのはここだけにします。

では、どうすればマリオットアメックスで交換率1.25%に増加できるのかをお伝えします。

マリオットアメックスで交換率1.25%にする方法は、まとめてマイルに交換するだけです。60,000マリオットポイントをまとめてマイルに交換する毎に5,000マイルを追加でもらえる特典があります。これは期間限定ではありません。常設のキャンペーンで一年中いつでも上限なしで追加マイルを獲得できます。

60,000マリオットポイントをマイルに交換すると通常分20,000マイルに加えてボーナス5,000マイルの合計25,000マイルに交換できるから交換率1.25%になります。マリオットアメックスで100円支払い毎に1.25マイルに交換できる計算です。

マリオットアメックスは、100円毎3マリオットポイント獲得できて、60,000ポイントをまとめてマイル交換すると25,000マイルになり交換率1.25%の高レートになる陸マイラーにおすすめのクレジットカードです。今はANAカードやJALカードを使ってマイル貯めている人も多いと思いますので比較してみましょう。

ANAカードを使ってマイルを貯める場合、コストを抑えるならANA一般カードの年会費2,200円を発行すると100円毎に0.5マイルしか貯められません。そのため、追加で「10マイルコース」や「2倍コース」の移行手数料を払ってマイル還元率を増やします。一般カード年会費2,200円と移行手数料5,500円の合計7,700円を払ってやっと100円毎に1マイル貯めることができます。つまり、ANAカードでマイル貯めるならカード年会費と移行手数料をセット考える必要があります。

  • ANAカード一般JCB:年間7,700円
    (年会費:2,200円+移行料:5,500円)
  • ANAカード一般VISA:年間8,800円
    (年会費:2,200円+移行料:6,600円)
  • ANAカード一般MasterCard:年間8,800円
    (年会費:2,200円+移行料:6,600円)
  • ANAカードワイドJCB:年間13,475円
    (年会費:7,975円+移行料:5,500円)
  • ANAカードワイドVISA:年間14,575円
    (年会費:7,975円+移行料:6,600円)
  • ANAカードワイドMasterCard:年間14,575円
    (年会費:7,975円+移行料:6,600円)
  • ANAカードゴールドカード:年間15,400円
    (年会費:15,400円+移行料:無料)

一般カードの年会費2,200円だけで100円毎0.5マイル獲得する方法もありますが、それでは年会費無料のクレジットカードを使ってポイントからマイルに交換する場合と交換レートが同じなってしまいます。そのため、ほとんどの場合、移行手数料もセットで使っています。

コストを抑えても一般カードで年間7,700円の維持費、飛行機に乗る人ならワイドやゴールドカード使っている人も多いですよね。ANAカードの場合、約1万円の年会費を支払うことで100円毎に1マイル獲得していることになります。

JALカードを使ってマイル貯める場合、ANAと概ね同じ結果になります。カードブランド毎の違いはありませんが、コストを抑えるならJAL普通カードの年会費2,200円を発行すると100円毎に0.5マイルしか貯められません。そのため、追加で「ショッピングマイル・プレミアム」の追加手数料を払ってマイル還元率を増やします。普通カード年会費2,200円と追加手数料3,300円の合計5,500円を払ってやっと100円毎に1マイル貯めることができます。つまり、JALカードでマイル貯めるならカード年会費と追加手数料をセットで考える必要があります。

  • JAL普通カード:年間5,500円
    (年会費:2,200円+追加料:3,300円)
  • JAL CLUB-Aカード:年間14,300円
    (年会費:11,000円+追加料:3,300円)
  • JAL CLUB-Aゴールドカード:年間17,600円
    (年会費:17,600円+追加料:無料)

普通カードの年会費2,200円だけで100円毎0.5マイル獲得する方法もありますが、それでは年会費無料のクレジットカードを使ってポイントからマイルに交換する場合と交換レートが同じなってしまいます。そのため、ほとんどの場合、追加手数料もセットで使っています。

コストを抑えても普通カードで年間5,500円の維持費、飛行機に乗る人ならCLUB-Aやゴールドカード使っている人も多いですよね。JALカードの場合、約1万円の年会費を支払うことで100円毎に1マイル獲得していることになります。

ANAカードやJALカードを使ってマイル貯めるなら年会費1万円で100円毎1マイル貯めるのが目安になります。ANAやJALの飛行機に出張で頻繁に乗る人なら搭乗ボーナスマイルやカードラウンジなど恩恵があります。実はカード支払い中心の人にとっては、ANAカードやJALカードの年会費の元を取るにはクレジットカードでより多くの支払いを利用することにかかっています。

単純計算で1万マイル=1万円とした場合、年間100万円を決済して獲得できるのが1万マイルです。1万円の年会費を元を取るには、100万円の支払いを超えてから先に獲得したマイル数です。年間150万円なら合計1万5千マイルになり、5千マイル分が純粋に得していると考えられます。考え方を変えてみましょう。年間150万円をマリオットアメックス支払うと45,000ポイントになり、そのままマイル交換なら1万5千マイルになるのでANAやJALと同等です。マリオットアメックスは150万円以上決済で、ホテル1泊無料の宿泊特典が追加でもらえます。

マリオットアメックス・プレミアムは年会費49,500円ですが、150万円以上決済で5万円相当のホテルに1泊無料宿泊特典がもらえます。旅行が好きな人なら年に数回はホテル滞在しますよね。そのときにマリオットグループに泊まるのも良いと思います。日本に70以上、世界で8,000以上のホテルがあります。

ANAやJALカードでは5千マイルしか元取れなかったことが、マリオットアメックスの年会費を無料宿泊特典で元を取れると考えると、1万5千マイルも獲得できます。もう少しポイント貯めてボーナス分加味すると45,000ポイントは18,750マイルにも交換できます。

マリオットアメックスは高額な年会費の一方で年間のクレジットカード支払い額が150万円以上なら無料宿泊特典で元を取ることができます。さらに支払いで貯まるマリオットポイントは100円毎3ポイント貯まり、3ポイントを1マイルに交換できるから還元率は1%になります。60,000ポイントをまとめてマイル交換することで、25,000マイルに交換できて還元率は1.25%でANAやJALのマイルを貯められます。

もちろんデメリットもあります。ANAカードやJALカードなら毎月マイルが貯まりますが、マリオットアメックスは必要なときに交換手続きが必要です。交換には2日〜7日程度の日数がかかることがデメリットです。前もって計画的にマイル使う人には良いのですが、急にマイルを使いたくても使えないのが難点です。さらに60,000ポイントをまとめて交換しないとボーナスマイルもらえないこともデメリットです。

すぐにマイルを使えないデメリットはありますが、有効期限を無期限にすることができます。通常マイルは獲得から3年間の有効期限があります。しかし、マリオットポイントは有効期限2年ですが新たにポイント獲得すると全ポイントの有効期限が延長されます。つまり、最低年1回マリオットアメックスを使うと有効期限が延長できます。

マイルなら3年以内に必死に使うとか失効させてしまうなんて悩みがありました。

マリオットアメックスを使い続ける限り毎月ポイント有効期限を先に延長されるので、実質無期限にポイントを貯めることができます。

今まではマイルが足りなくてファーストクラスやビジネスクラスに乗ることができなかったと思いますが、マリオットならずっとポイント貯めて、必要な分貯まったらマイルに交換できます。

マイル交換先もANAやJALなど30以上の航空会社が対象です。行き先や時間帯など都合が良い航空会社をあとから選ぶことができます。

マリオットアメックスは30以上の航空会社マイルに交換でき、ANA・JALなら100円毎に最大1.25マイル貯められる高還元クレジットカードです。実質的にマリオットポイントは有効期限無しだから好きなだけマイル貯められます。

マリオットアメックスカード比較解説

ここまでにマリオットアメックスの5つの魅力のうち「無料宿泊特典の魅力」「マイル交換の魅力」について解説しました。まだまだたくさんの特典がありますが、頭の中を整理するためにもここで2種類のマリオットアメックスと旧SPGアメックスを比較しましょう。

カード名
マリオット
プレミアムカード

SPGアメックス
 (2022年2月廃止)

マリオット
ノーマルカード
年会費49,500円34,100円23,100円
家族カード1枚目無料
(2枚目以降24,750円)
17,050円
1枚目無料
(2枚目以降11,550円)
ポイント還元100円決済3ポイント 100円決済3ポイント 100円決済2ポイント
マイル還元率1.25%1.25%0.83%
ステータス付与ゴールドエリートゴールドエリートシルバーエリート
毎年無料宿泊特典50,000ポイントまで
(年間150万円決済必要)
50,000ポイントまで
35,000ポイントまで
(年間150万円決済必要)
宿泊実績付与15泊5泊5泊
海外旅行障害保険利用付帯1億円
自動付帯なし
利用付帯1億円
自動付帯5,000万
利用付帯3,000万円
自動付帯なし
スマホ保険付帯最大3万円までなしなし
手荷物無料宅配成田・関空・中部・羽田 成田・関空・中部 成田・関空・中部

青字が悪くなったところ、赤字が良くなったところです。

マリオットアメックス・ノーマルは中途半端なカードです。無料宿泊特典を獲得するにはプレミアムと同じ150万円分の支払いが必要です。さらに、マイル還元率は0.83%しかないがっかり感が強いカードです。ノーマルカードはあまりおすすめできません。

正直、昔のSPGアメックスがお得過ぎたました。マリオットアメックス・プレミアムになって年会費が値上げして適正な価格になったけど、追加特典もあるから使いこなすと改善点も多いんです。

はじめにもお伝えしましたが、マリオットアメックス・プレミアムはカード支払いが年間150万円以上なら毎年5万ポイント分(5万円程度)ホテルに無料で1泊するだけでも年会費は十分に元が取れます。

年間150万円以上の支払いがノルマとなった一方で、無料の宿泊特典とANA・JALマイル還元率1.25%のマイルを貯めやすいクレジットカードとして、旅行好きや陸マイラーにとって絶大なメリットがあります。

残り3つの魅力を長々と説明する前に「もう充分に分かったから、今すぐマリオットアメックスを発行したいよ。」という方もいらっしゃるでしょう。

マリオットアメックスをお得に発行するワザについて紹介させていただきます。

マリオットアメックス発行方法は3種類 特典内容に差がつく

マリオットアメックスを発行する方法は3つあります。

  1. 公式サイトから直接発行する場合
    発行特典:合計39,000ポイント
  2. ポイントサイト経由で発行する場合
    発行特典:合計41,000ポイント
  3. 所有者から紹介を受けて発行する場合
    発行特典:合計45,000ポイント

公式サイトから直接発行した場合の特典内容がこちらです。

  • 入会後3ヶ月以内に合計30万円以上のご利用で、30,000ボーナスポイント
  • 通常の合計30万円のカードご利用で、9,000ポイント

合計39,000ポイント

公式サイトなら簡単かつ楽ですが、いきなりアメックス公式サイトから直接発行してしまうと損してしまうので注意してください。

クレジットカードをお得に発行する方法として「ポイントサイト」を利用する王道がありますが、残念ながらマリオットアメックスでは通用しません。確かに案件は掲載されていますが、ポイント数が少ないんです。

公式サイトの特典にポイントサイトの特典を追加で獲得できます。ポイントサイトで2,000ポイント獲得でき、モッピーならマリオットポイントに交換できます。

ポイントサイト経由で発行した場合は、合計41,000ポイントです。

最後に、既にマリオットアメックスを保有している知人から、アメックス紹介プログラムを使って発行する方法です。

  • 入会後3ヶ月以内に合計30万円以上のご利用で、36,000ボーナスポイント
  • 通常の合計30万円のカードご利用で、9,000ポイント

合計45,000ポイント

この方法を使うと公式直接と同じ条件なのに6,000ポイント多くなります。紹介発行は合計45,000ポイントを獲得できます。

ちなみに紹介した側の方には30,000マリオットポイントが入ります。カードを所有してから、旅行好きの友人にあなたがマリオットアメックスを紹介すれば、苦も無く30,000マリオットポイントを手に入れるこもできます。

すでにあなたがアメックス・プラチナなどのプロパーカードを保有している場合も、この紹介プログラムは利用できます。しかし、自分自身を紹介することは禁止されています。

今すぐ発行したい方は、私からも紹介できます。以下リンクからメールアドレスのみ入力してもらえれば10秒以内にご連絡いたします。

いずれの方法もカードが手元に届いたら、必ず3ヶ月以内に30万円の決済を忘れずに。45,000マリオットポイントをもらい損ねたら一大事です。

マリオットボンヴォイポイントの魅力

マリオットアメックスの入会キャンペーンを利用すると大量のポイントを獲得できます。たくさんのポイントを何に使おうか迷う人も多いと思います。主な使い方は「マリオットポイントを使ってホテルに宿泊する」「マリオットポイントを航空会社30以上の中から好きなマイルに交換する」この2つが定番の使いみちになります。マイルについては先程お伝えしましたが、本来の使い方のホテルに泊まることについても詳しく解説します。まずは、マリオットポイントの基礎知識からお伝えします。

正式名称は「Marriott Bonvoy ポイント」(マリオットボンヴォイポイント)と言う名前ですが、長くて発音しづらいので「マリオットポイント」と省略するのが一般的な呼び名として定着しています。

以前は「マリオットリワード」「ザ・リッツ・カールトン・リワード」「SPGスターポイント」の3つのポイントプログラムがバラバラでした、2019年に統合されてMarriott Bonvoy」になりました。

ポイントプログラムが統合したことを記念して全世界でMarriott Bonvoy」をアピールするテレビCMが放送されました。もちろん日本でも放送され、あらゆる場面でBonvoyと言い換えるシーンは印象に残ったと思います。

日本の場面では「盆栽」「ボンヴォイ」をかけるワンシーンがありました。

ザ・リッツ・カールトン京都

このシーンの撮影場所はもちろん日本です。ザ・リッツ・カールトン京都のエントランスにある盆栽が使用されています。この大きな盆栽は本物で、職人が日常の手入れをしているほかに盆栽を入れ替えることも実施されています。ホテルを訪れるたびに装いの変化も楽しみのひとつになります。

ザ・リッツ・カールトン京都

ザ・リッツ・カールトン京都は古都にふさわしく和をモチーフとしたホテルです。館内随所に盆栽や日本庭園がある一方でピエール・エルメ・パリのストアがあり、スーツやパンなどを提供している和洋折衷の一面もあります。詳しくは後程紹介しますがラグジュアリーホテルとして名高いザ・リッツ・カールトンもマリオットブランドです。マリオットポイントを使って宿泊することができます。

マリオットポイントはホテル宿泊する毎にポイントが貯まります。しかし、私を含め多くのみなさんはクレジットカードの支払いで貯める方法が定番になっています。通常の100円支払い毎3マリオットポイント、マリオットホテルの宿泊やレストランは2倍の100円支払い毎6マリオットポイントの2パターンが基本です。ただし、ポイント反映が遅いと言うデメリットがあります。

マリオットアメックスで貯まるポイントは毎月1回まとめてポイントが反映されます。そのため、アメックスのアプリやWEBサイトにポイントが反映されているのに、マリオットのアプリやWEBサイトには反映されない期間が発生します。

アメックスからマリオットにポイントが反映は毎月15日から17日頃に実施されます。決まった日がある訳ではなく、毎月15日〜17日頃に気づいたらポイントが使えるようになっています。ひどいと20日頃まで反映されないこともあり、なんともアメリカ企業らしいラフな印象があります。

このポイント反映のタイミングに乗り遅れると翌月までポイントが使えないなんてトラブルも発生するので要注意です。あくまでアメックスのアプリやWEB明細に反映された日が基準になります。

例えば、ネット通販で10日頃にマリオットアメックスで支払ったとしましょう。アメックスの利用明細に反映するまで数日かかるため、15日にアメックスの明細に載った場合は要注意です。運が良いと2〜3日以内に今月分としてマリオットの会員サイトにも反映されてポイントを使えますが、運が悪いと翌月のタイミングまで待たないとポイント使えない事態になります。

マリオットアメックスの支払いで貯めるポイントは反映が月1回で遅いことがデメリットです。もし、反映前にポイントを使いたいこともありますよね。実は回避策が2つあります。

  • ポイント不足でもホテル予約できる「ポイントアドバンス」
  • マリオットポイントを購入する方法

ポイント不足の回避策2つを詳しくお伝えします。

ポイント不足でもホテル予約できる「ポイントアドバンス」

ポイントアドバンスは、ポイントを使ってホテル予約するときにポイント数が不足していても予約できる特典です。ポイント宿泊は公式サイトから予約できます。必要になるポイント数はホテルや客室タイプによって違いますが、概ね1ポイント1円前後の相場感があります。通常料金1万円のホテルなら概ね1万ポイントで宿泊できます。通常料金5万円のホテルなら5万ポイント程度と、料金を支払う泊まり方と同じくらいの相場になっています。ただし、ときどきポイント宿泊だと高額とか超お得に泊まれる場合もあるので毎回、料金比較することがおすすめです。

ポイント宿泊で5万ポイントのホテルを見つけたとしましょう。あなたの手持ちポイントは3万ポイントなので、2万ポイント不足しています。来週になればアメックス分のポイントが反映されて合計5万ポイントを支払うことができる状況です。そんなときこそ、ポイントアドバンスが役に立ちます。

ポイントアドバンスの使い方は、ポイント宿泊で予約を進めて、最後の料金支払い画面にポイントアドバンスが利用できる旨の表示あれば、通常通り予約完了ボタンを押すだけです。すごく簡単に予約できます。

便利なポイントアドバンスですが利用には4つのルールがあります。

  • 宿泊開始日が30日以上先のポイント宿泊であること
  • 予約から60日以内、または宿泊開始日の14日前までのどちらか早い方までに不足しているポイント数を確保すること
  • 必要ポイントを確保できない場合は、予約キャンセルまたはベストレートでの現金払いに変更される
  • ポイントアドバンスの予約は1アカウント3つまで

つまり1ヶ月以上先のポイント宿泊の予約ができます。来週泊まりたいみたいな場合は使えませんが、夏休みや年末年始などの繁忙期の予約を早めにして、不足ポイントはあとから補う方法に利用できます。

不足分のポイントは予約から60日以内に補うか、宿泊日の14日前までの早い条件でポイントを支払必要があります。クレジットカード利用分のポイント反映を待つまでの時間稼ぎにはとても有効な方法です。万が一に期日までにポイントを用意できないと強制キャンセルまたは現金支払いを求められてしまいます。

不足ポイントを解消できる見込みが無いときには、秘技のポイント購入を使うのもおすすめです。

マリオットポイントを公式に購入する方法

ポイントはホテル宿泊実績やクレジットカード支払いなどの一部を還元してもらえる物と言うイメージがありますよね。実はマリオットポイントは公式サイトから「ポイントを販売」している珍しい制度です。

つまり、ポイント宿泊でお得なプランを見つけたけどポイント足りないときにはポイントアドバンスで仮予約して、不足分はポイントを購入することができます。さらに購入したポイントをマイルに交換する裏ワザもあります。公式サイトが販売しているから安心して使えるマリオットポイントのポイント購入の方法についてお伝えします。

マリオットポイントの購入条件

  • 年間上限10万ポイントまで
  • 価格1,000ポイントあたり12.50米ドル
  • アカウント作成後30日以降
  • 支払いはクレジットのみ
  • 購入後72時間以内に反映

ポイント購入は年間10万マリオットポイントが上限です。ザ・リッツ・カールトンなどの高級ホテルにも宿泊できるポイント数を購入できる驚異の制度と言えます。通常料金で宿泊するよりポイント宿泊がお得なこともあるので、あえてポイントを購入してホテルに宿泊する選択肢もありです。

驚異のポイント購入ですが条件として、マリオット会員になってから30日以上経過している必要があります。マリオット会員になることは無料なので、まずは公式サイトから会員登録しておくことがおすすめ。ポイント購入はこちらの公式のポイント購入専用サイトから手続きできます。自分用に購入する他に知人にポイントをプレゼントすることもできます。事前にマリオットの会員番号を知っていれば簡単に手続き可能です。自分用に購入したポイントは手続き後72時間以内にアカウントに反映されます。実際は数時間程度で反映されることが多いのですが、反映までにタイムラグがあるので時間に余裕を持って購入しましょう。

最低1,000ポイントからなので気軽に購入できます。価格は1,000ポイントあたり12.50USドルです。ドル建ての支払いになるので為替レート次第でも少し価格が変動してしまうのは難点ですが、ドル安のときにはお得に買えます。また、年に数回お得なキャンペーンもあります。50%増量キャンペーンなど、超お得なタイミングにまとめて買う人も多いんです。増量期間は毎年異なるのでキャンペーンのお知らせに注目しましょう。

ポイント購入はクレジットカード支払いのみです。もちろん、マリオットアメックスを使えば入会キャンペーンの支払い条件や年間の支払い条件としてカウントされます。年間150万円以上使わないと宿泊特典がもらえないので、マリオットポイントを購入して利用額を増やす作戦も可能です。

購入したポイントをマイルに交換することもできます。正直、購入レートを計算すると微妙な感じではありますが、今まで努力して貯めてきたマイルを手軽に購入できる必殺技としてありです。マリオットポイントの販売はマリオット公式の手段なので安心してポイントを購入できます。

あの手この手で頑張って貯めたマリオットポイントで高級ホテルに宿泊してみませんか?マイルを貯めて憧れの場所へ飛行機で行き、快適なホテルで旅行を満喫しましょう。そう、マリオットはホテルチェーンなので、マリオットポイントを使ってホテルに宿泊できます。

マリオットポイントを使ってホテル宿泊しよう

マリオットポイントを使ってほぼすべてのマリオット系列ホテルに宿泊することができます。しかも、カード継続ボーナスの無料宿泊特典と同じく、ブラックアウト(除外日)はありません。空室がある限り、必ず宿泊できます。ゴールデンウィークや年末年始のホテルが取りづらいときでも、空室さえあればポイントを使って宿泊することができます。

ポイント宿泊するには、どのくらいポイント必要なのか。2022年3月まではカテゴリー制で、ホテルのランクに応じてカテゴリー分けされて対象のランクによってポイント数が固定されていました。現在はポイント変動制が導入されています。繁忙期はたくさんポイントが必要ですが、閑散期になれば少ないポイント数で泊まれる仕組みです。細かなポイント数は毎回検索する必要がありますが、概ね1ポイント=1円程度のイメージ準備しておけば大丈夫です。

例えば、観光地として有名な「日光」には2つのマリオットホテルがあります。「ザ・リッツ・カールトン日光」と「フェアフィールド・バイ・マリオット栃木日光」です。

ザ・リッツ・カールトン日光

ザ・リッツ・カールトンは高級ホテルとして有名で1泊10万円前後の憧れのホテルですね。

ポイント宿泊でザ・リッツ・カールトン日光を利用する場合、この月は最安値で97,000ポイントから宿泊できます。これは料金を支払って宿泊するのと同程度なので、概ね1ポイント1円で宿泊できることになります。

マリオットポイントは有効期限を無期限に貯めることができます。憧れのホテルに宿泊するまで、ずっと貯め続けて夢を叶えましょう。

フェアフィールド・バイ・マリオット栃木日光

同じ日光にある、フェアフィールドはお手軽なホテルとして1泊1万円台と気軽に利用できことがメリットです。価格はお手頃なのに客室は25㎡と広くて、日光東照宮などの観光地のアクセスも抜群なので観光中心にホテルは宿泊拠点として利用するにはフェアフィールドもおすすめ。

ポイント宿泊でフェアフィールド・バイ・マリオット栃木日光を利用する場合、この月は17,500ポイントから宿泊できます。こちらも料金を支払って宿泊するのと同程度です。概ね1ポイント1円の価値で利用できます。

ポイント宿泊は1泊から気軽に利用できます。キャンセルも2日前まで無償で可能です。迷ったらとりあえず予約するのもありです。

さらにポイント宿泊で5連泊すると1泊分が無料になる特典もあります。つまり、同じホテルにポイント宿泊で5連泊予約すると料金は4泊分のポイント数で泊まれる制度です。公式サイトで5連泊の予約を入れると自動的に値引きされてて驚きます。長期休暇でリフレッシュするときには利用してみてください。

ポイント宿泊の対象客室は基本はスタンダードルームですが、スイートルームや眺望の良いグレードの高い客室へアップグレードすることもできます。

「ポイントアップグレード」は追加でポイントを支払って、客室ランクを上げる方法です。スタンダードルームに加えて数千〜数万ポイントを上乗せして支払う方法です。

「キャッシュ+ポイント」は追加で料金を支払ってアップグレードする方法です。アップグレード分の追加料金はかかりますが、少ないポイント数で泊まれるので、ポイントが足りないときには選択肢が広がります。

ポイントアップグレードやキャッシュ+ポイントは一部のホテルで実施されている特典です。公式サイトからポイント宿泊で検索したときに表示されるので手軽に利用できます。もし、スタンダードルームしか表示されない場合も電話で問い合わせると対応してもらえるホテルもあります。

また、マリオットアメックス・プレミアムを所有しているとマリオットのゴールドエリート会員として迎え入れてくれます。ゴールドエリートは無償で客室をアップグレードしてくれる特典もあるので、当日に空室があればより良いお部屋に泊まれることも多いんです。

マリオットポイントを使って、お手頃なホテルから超高級ホテルまで色々なホテルに宿泊できることが分かりました。では、マリオットのホテルはどこにあるかご存知ですか?意外に知らない人が多いんです。なぜなら、30ブランドを世界8,000以上、日本70以上のホテルを運営するほど巨大なホテルグループだからです。そんなマリオットホテルグループの魅力について解説します。ほぼすべてのホテルでポイント宿泊ができます。

マリオットホテルグループの魅力

マリオットは世界最大のホテルチェーンです。1957年にアメリカで開業したのを皮切りに拡大と合併を続けてきました。1998年ザ・リッツ・カールトン、2015年スターウッド・ホテルズ&リゾーツの合併が有名です。そして、2019年に現在の会員プログラム「Marriott Bonvoy」が誕生したことで、ひとつの大きなホテルチェーンに統合されました。現在、ホテル数は世界8,000軒以上、日本70軒以上を展開しています。

こんなに巨大なホテルチェーンなのに、馴染みがない人が多いんです。それはホテル数が多いのと同時に、ブランドも多数あるからです。

マリオット以外にも、ザ・リッツ・カールトン、ウェスティン、シェラトンなど合計30ブランドのホテルすべてがマリオットグループのホテルです。個々のホテル名を聞けば、知ってる人も多いんですが、みなさんマリオットグループを意識して使って無いんです。

ザ・リッツ・カールトンなどの超高級ホテルから、コートヤードなどのお手軽に使えるホテルまで、マリオットホテルグループの魅力をお伝えします。

マリオットは30ブランドのホテルを運営しています。大きく3ランクに分けることができます。「ラグジュアリー」「プレミアム」「セレクト」の価格帯毎にブランド名を使い分けています。各カテゴリの中でも使用用途や年代に合わせて様々な思考を凝らしたホテルがたくさんあります。3ランクそれぞれを詳しく見ていきましょう。

マリオット「セレクト」ランク ホテルブランドの特徴

例えば、仕事で忙しいときの出張、旅行でもホテルは寝る場所として特化した使い方をするときにおすすめなのが「セレクト」ランクのブランドです。1番お手軽に利用できて価格帯は1万円前後からが目安と気軽に使えることがメリットです。セールや閑散期など条件次第では6,000円程度で宿泊することもできます。

「セレクト」ホテルブランド

  • コートヤード・バイ・マリオット
  • フォーポイント・バイ・シェラトン
  • スプリングヒル・スイート
  • プロテア
  • フェアフィールド・バイ・マリオット
  • ACホテル
  • アロフト
  • モクシー

セレクトランクだけでも8ブランドでホテルを展開しています。ブランドによって内装の雰囲気こそ異なりますが、設備面は開業時期が同じなら共通感があり使い勝手が良いです。

コートヤード新大阪

コートヤード・バイ・マリオットはシンプルな印象があり、出張などのビジネス利用にも最適です。

アロフト東京銀座

アロフトホテルは印象が大きく変わります。デザイン性が強い個性派ブランドです。若者や都会らしい活気あるホテルに滞在したい旅行に合っています。

日本の「セレクト」ランクホテル

  1. 東京:コートヤード東京ステーション
  2. 東京:コートヤード銀座東武ホテル
  3. 長野:コートヤード白馬
  4. 愛知:コートヤード名古屋
  5. 大阪:コートヤード大阪本町
  6. 大阪:コートヤード新大阪ステーション
  7. 北海道:フォーポイント函館
  8. 愛知:フォーポイント名古屋 中部国際空港
  9. 北海道:フェアフィールド札幌
  10. 大阪:フェアフィールド大阪難波
  11. 東京:ACホテル東京銀座
  12. 東京:アロフト東京銀座
  13. 大阪:アロフト大阪堂島
  14. 東京:モクシー東京錦糸町
  15. 京都:モクシー京都二条
  16. 大阪:モクシー大阪本町
  17. 大阪:モクシー大阪新梅田

お手頃の価格帯ながらもバリエーションが富んだ楽しい滞在ができるセレクトランクは日本に17ホテルあります。

最近では「道の駅プロジェクト」として、道の駅に併設型ホテルとしてフェアフィールド・バイ・マリオットが29ホテル開業しています。

  1. 北海道:フェアフィールド北海道南富良野
  2. 北海道:フェアフィールド北海道長沼マオイの丘公園
  3. 北海道:フェアフィールド北海道えにわ
  4. 栃木:フェアフィールド栃木宇都宮
  5. 栃木:フェアフィールド栃木もてぎ
  6. 栃木:フェアフィールド栃木日光
  7. 岐阜:フェアフィールド岐阜美濃
  8. 岐阜:フェアフィールド岐阜清流里山公園
  9. 岐阜:フェアフィールド岐阜郡上
  10. 岐阜:フェアフィールド岐阜高山荘川
  11. 三重:フェアフィールド三重御浜
  12. 三重:フェアフィールド三重おおだい
  13. 京都:フェアフィールド京都京丹波
  14. 京都:フェアフィールド京都みなみやましろ
  15. 京都:フェアフィールド京都天橋立
  16. 奈良:フェアフィールド奈良天理山の辺の道
  17. 和歌山:フェアフィールド和歌山串本
  18. 和歌山:フェアフィールド和歌山すさみ
  19. 岡山:フェアフィールド岡山蒜山高原
  20. (開業予定)兵庫:フェアフィールド兵庫南あわじ
  21. (開業予定)兵庫:フェアフィールド兵庫淡路
  22. (開業予定)兵庫:フェアフィールド兵庫神鍋
  23. (開業予定)兵庫:フェアフィールド兵庫やぶ
  24. (開業予定)岡山:フェアフィールド岡山津山
  25. (開業予定)広島:フェアフィールド広島世羅
  26. (開業予定)福岡:フェアフィールド福岡うきは
  27. (開業予定)佐賀:フェアフィールド佐賀嬉野温泉
  28. (開業予定)熊本:フェアフィールド熊本阿蘇
  29. (開業予定)鹿児島:フェアフィールド鹿児島垂水

「道の駅プロジェクト」は、道の駅を拠点に車を使って各地域の知られざる魅力を発見する旅行をコンセプトにしたホテルです。他のセレクトランクホテルとは設備面は同じですが、広大な駐車場が用意されるなど新たな使いみちとして選択肢が増えました。

マリオット「プレミアム」ランク ホテルブランドの特徴

眺望、広いお部屋、充実したレストランなどフルサービスのハイエンドホテルが「プレミアム」ランクのブランドです。価格帯は1部屋5万円前後が目安となります。よくある勘違いが「2人で泊まると高くなるんでしょ?」と言われることがあります。日本では1人の料金ですが、マリオットなど外資系ホテルでは部屋単位の料金です。1部屋5万円なら、1人で泊まっても2人で泊まっても料金は同じです。5万円と聞くと高く感じる人が多いかもしれませんが2人で泊まれば1人あたりは2.5万円なので意外に気楽に利用できると思います。

「プレミアム」ホテルブランド

  • マリオット
  • シェラトン
  • デルタ
  • ルメリディアン
  • ウェスティン
  • ルネッサンス
  • ゲイロード
  • マリオットバケーションクラブ
  • オートグラフ コレクション
  • トリビュートポートフォリオ
  • デザインホテル

プレミアムランクは11ブランドでホテルを展開しています。マリオットとして定番グレードになり、カジュアルながらも眺望の良さや快適な広さの客室とホテル滞在を満喫できます。

大阪マリオット都ホテル

日本一高いビルの「あべのハルカス」にある「大阪マリオット都ホテル」もプレミアムランクのホテルです。大阪を一望する眺望に優れています。さらに宿泊者にはあべのハルカス展望台入場券がサービスとして頂ける特典もあります。

日本の「プレミアム」ランクホテル

  1. 東京:東京マリオットホテル
  2. 山梨:富士マリオットホテル山中湖
  3. 長野:軽井沢マリオットホテル
  4. 静岡:伊豆マリオットホテル修善寺
  5. 愛知:名古屋マリオットアソシアホテル
  6. 滋賀:琵琶湖マリオットホテル
  7. 大阪:大阪マリオット都ホテル
  8. 和歌山:南紀白浜マリオットホテル
  9. 千葉:シェラトン・トーキョーベイ
  10. 東京:シェラトン都ホテル東京
  11. 神奈川:横浜ベイシェラトン
  12. 大阪:シェラトン都ホテル大阪
  13. 兵庫:神戸ベイシェラトン
  14. 広島:シェラトングランドホテル広島
  15. 宮崎:シェラトン・オーシャンリゾート
  16. 沖縄:シェラトン沖縄
  17. 北海道:ウェスティン ルスツリゾート
  18. 宮城:ウェスティンホテル仙台
  19. 東京:ウェスティンホテル東京
  20. 神奈川:ウェスティンホテル横浜
  21. 京都:ウェスティン都ホテル京都
  22. 大阪:ウェスティンホテル大阪
  23. 沖縄:ルネッサンス リゾート オキナワ
  24. 東京:メズム東京 オートグラフコレクション
  25. 東京:ザ・プリンス さくらタワー東京 オートグラフコレクション
  26. 京都:ザ・プリンス 京都宝ヶ池 オートグラフコレクション
  27. 京都:チャプター京都 トリビュートポートフォリオホテル

マリオットアメックス・プレミアムの無料宿泊特典でこれらホテルも使えます。記念日にもおすすめできるマリオット定番グレードのプレミアムランクホテルは日本に27軒あります。

マリオット「ラグジュアリー」ランク ホテルブランドの特徴

誰もが一度は泊まってみたい憧れのホテルが並ぶ「ラグジュアリー」ランクのブランドです。価格帯は1部屋10万円前後が目安となります。なかなか気軽に宿泊することが難しくとも、マリオットポイントを使って宿泊することができます。ポイント宿泊なら空室がある限り予約できるから夏休みや年末年始などでも使えますし、記念日に合わせた利用もおすすめです。

「ラグジュアリー」ホテルブランド

  • ザ・リッツ・カールトン
  • リッツ・カールトン・リザーブ
  • セントレジス
  • JWマリオット
  • ラグジュアリーコレクション
  • Wホテル
  • エディション

ラグジュアリーランクは7ブランドでホテルを展開しています。記憶に残る大切な旅行のイメージに合わせてブランドを選びが大切になります。

ザ・リッツ・カールトン東京

みんなが憧れるザ・リッツ・カールトンは格式高く伝統あるブランド。背筋がピンと伸びるような卓越したサービスや場所を持て余すくらい広い客室は、あなたの心に残る特別な滞在として楽しめます。

Wホテル大阪

ラグジュアリーの枠にとらわれない個性派デザインホテルがWホテルブランドです。高級感と同時にユーモアあふれる新感覚ホテルを楽しみたいならおすすめです。人によって好き嫌いがハッキリ分かれるホテルですが、遊び心あふれる新しいホテル体験をしたい人におすすめ。

日本の「ラグジュアリー」ランクホテル

  1. 栃木:ザ・リッツ・カールトン日光
  2. 東京:ザ・リッツ・カールトン東京
  3. 京都:ザ・リッツ・カールトン京都
  4. 大阪:ザ・リッツ・カールトン大阪
  5. 沖縄:ザ・リッツ・カールトン沖縄
  6. 北海道:東山ニセコビレッジ・リッツ・カールトン・リザーブ
  7. 大阪:セントレジス大阪
  8. 奈良:JWマリオット奈良
  9. 東京:ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町・ラグジュアリーコレクションホテル
  10. 京都:HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクションホテル&スパ
  11. 京都:翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
  12. 沖縄:イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古
  13. 大阪:Wホテル大阪
  14. 東京:東京エディション虎ノ門
  15. (開業予定)東京:東京エディション銀座
  16. (開業予定)東京:JWマリオット東京
  17. (開業予定)福岡:ザ・リッツ・カールトン福岡

ラグジュアリーランクは日本に17ホテルあります。各地域を代表する有名ホテルが勢揃いしています。大切な思い出づくりに憧れのホテル滞在の夢を叶えましょう。

マリオットグループは日本国内70以上のホテルを展開しいます。今後も各地で開業予定があり、どんどん使いやすくなります。価格帯もお手頃な1万円から10万円超えまで、利用シーンに合わせてホテルを選べる使い勝手が魅力です。

忘れてませんか?世界8,000以上のホテルがあること。日本にも数多くのホテルがありますが、海外の魅力的なホテルをチョイスしてご紹介します。

ニューヨークのマリオットおすすめホテル

マリオット・マーキス

誰もが知るニューヨークのタイムズスクエア周辺には数多くマリオット系列のホテルがあります。写真左奥にタイムズスクエア、右の大きなビルがマリオット・マーキスです。

  • エディション・タイムズスクエア
  • Wホテル・タイムズスクエア
  • ルネサンス・タイムズスクエア
  • マリオット・マーキス
  • リッツカールトン・セントラルパーク

この5つのホテルは驚くほど立地の良い場所にあるんです。タイムズスクエアを両サイドに挟む形でエディション、Wホテルが並び、タイムズスクエア裏手にルネサンス、タイムズスクエアを望む位置にマリオットがあります。ニューヨークに行ったら必ず立ち寄る観光地でもあるタイムズスクエア周辺を囲むようにマリオットホテルが並んでいます。さらに、セントラルパークを真正面に望む位置にザ・リッツ・カールトンがあります。

みんなが知っている超有名な観光地周辺にもマリオットホテルが充実しています。旅行の滞在先はマリオットに決まりですね。

モルディブのマリオットおすすめホテル

ザ・リッツ・カールトン・ファリアイランド

新婚旅行の行き先としても有名なモルディブは、数千の島々が並ぶ楽園です。

  • シェラトン・フルムーンリゾート
  • ウェスティン・ミリアンドゥーリゾート
  • セントレジス・ヴォンムリリゾート
  • JWマリオット・モルディブ
  • リッツカールトン・ファリアイランド

旅行好きやマイラーのみなさんなら何度も通っている人もいるかもしれません。マリオット系列のホテルも多数あり、マレ空港から最寄りのシェラトンであれば短期滞在でも気軽に利用できます。リッツカールトンはマレ空港からボートで60分または水上飛行機で10分とアクセスに難がありますが、自然豊かな北マーレのラグーンで優雅な休暇を満喫できることが魅力です。

ハワイのマリオットおすすめホテル

毎年家族で旅行に行く人も多い定番のハワイ。

  • モアナサーフライダー
  • ロイヤルハワイアン
  • シェラトン・ワイキキ
  • マリオット・ワイキキビーチ
  • リッツカールトン・ワイキキビーチ

知っている人なら分かるはず、超有名なホテルが満載です。カラカウア通りのワイキキビーチ沿いからダイヤモンドヘッドを望むホテルは超人気です。芸能人も愛する人が多いモアナサーフライダー。ピンクパレスで有名なロイヤルハワイアン。高層階からの絶景が定評のシェラトン。誰もが憧れるハワイの3強ホテルのすべてがマリオットグループなんです。マリオットアメックスで貯めたポイントで、憧れのモアナに泊まれると思うだけでも夢のような話ですよね。

マリオットは世界最大のホテルチェーンの強みを活かして、全世界あらゆる地域で有名ホテルがある選択肢の広さに魅力があります。

マリオットボンヴォイ会員のエリートステータス

マリオットの会員制度のマリオットボンヴォイは宿泊実績に応じて上級会員として特別待遇で迎い入れてくれます。ランクは全6種類あり、無料で会員登録するだけでも特典があります。

メンバー、シルバーエリート、ゴールドエリート、プラチナエリート、チタンエリート、アンバサダーエリートがあり、年間の宿泊日数と利用金額に応じて会員資格が付与されます。ただし、例外もあります。

マリオットアメックス・プレミアムカードを所有するだけで、上級会員のゴールドエリートにランクアップできます。通常は年間25泊する必要がありますが、0泊でもゴールドエリートになれます。主な特典はこちらです。

  • 宿泊ボーナスポイント25%増
  • ウェルカムギフトの宿泊ポイント付与
  • レイトチェックアウト14時まで無料
  • 客室アップグレード

ホテルに滞在する毎に獲得できる特典です。宿泊ポイントの25%増量やウェルカムポイントと言った、マリオットポイントをよりたくさん獲得できます。14時までのレイトチェックアウトが無料になります。通常のチェックアウトは11時または12時になりますが、14時まで延長することができます。ホテルにゆっくり滞在できる嬉しい特典です。さらに、予約した部屋より良いお部屋に無料でアップグレードしてもらえます。ワンランクアップが最も多いのですが、空室次第ではさらに上位のグレードにしてもらえることもあります。高層階や眺望の良い部屋に案内してもらえたら嬉しいですよね。マリオットアメックスを所有するだけでもゴールドエリートの上級会員としてもてなしを受けることができます。

マリオットアメックス・プレミアムカードで年間400万円以上決済するとプラチナエリートにランクアップできます。通常は50泊以上した人だけの特権ですが、クレカ支払いノルマだけでプラチナエリートになれます。プラチナエリートになると、ホテルラウンジが無料で利用できます。お酒や軽食などを楽しむことができます。リッツカールトンのラウンジではアフタヌーンティーなど充実した5回もフードプレゼンテーションを楽しめます。さらにレイトチェックアウトは16時まで無料になるなど、ホテル滞在を楽しみたいなら、マリオットアメックスをメインカードとして利用するのもおすすめです。

また、マリオットアメックス・プレミアムカードを所有すると毎年15泊分の宿泊実績を獲得できます。マリオットに宿泊してより上位のチタンエリートやアンバサダーエリートを目指すのにもアドバンテージになります。

マリオットホテル予約は公式サイトが最安値

ホテルに滞在するときは、どんな方法で予約してますか?結構、旅行代理店や予約サイトを使う人が多いですよね。

マリオットの予約は公式サイトが最安値でおすすめです。

会員制度のマリオットボンヴォイの特典を利用するには公式サイトからの予約が必須条件になります。代理店や比較サイト経由の場合は、上級会員特典が利用できない場合やポイントを獲得できないケースがあるので気をつけましょう。

公式サイトからホテル予約すると「ベストレート保証」の対象になります。マリオット公式の予約方法の料金が最安値であることを保証する制度です。もし、他サイトの方が安い場合は通報することができます。ただし条件があり、予約から24時間以内にリクエストフォームの提出が必要です。通報内容は同じ滞在日、同じホテル、同じ客室タイプと公式サイトと他の予約サイトの条件が同じなのに、他サイトが安い場合のみが対象です。よくあるのが朝食が付くとか無しとか差があると受け付けてもらえません。ベストレート保証のリクエストが認められた場合は、客室料金を他サイトと同額まで値下げしたうえで、さらに25%の割引または5,000ポイントを貰える超お得な制度です。マリオットはベストレート保証があるから常に最安値で安心してホテル予約できます。

さらに、ポイントサイトを経由してマリオット公式予約が使えます。

みなさはマイル貯めてますよね。それならポイントサイトを知っていると思います。もし、まだなら別記事で紹介してるので合わせて読んでみてください。

陸マイラー定番サイト「モッピー」でマリオット公式サイトの案件があります。ホテルを予約して滞在するだけの簡単な条件です。しかし、ポイント宿泊は対象外になります。通常の料金を支払った予約をするときは忘れずにモッピーを利用しましょう。実は他のポイントサイトも案件はありますが、モッピーのポイントはマイルや現金の他に、マリオットポイントにも交換できます。交換レートも等価で1モッピーポイント=1マリオットポイントで交換可能です。

マリオット公式からホテル予約すると最安値でお得なうえに、モッピー経由ならさらに4%のポイントを獲得できるから超お得なホテル予約方法ですね。

マリオットアメックス・プレミアムカードはマリオットとアメックスのコラボカードです。アメックスカードとしても魅力の特典がありますのでご紹介します。

アメリカン・エキスプレス・カードの魅力

ここまで読んでいただきありがとうございます。いよいよ、マリオットアメックス5つの魅力のうち、最後の1つ「アメリカン・エキスプレス・カードの魅力」をお伝えします。

  1. 無料宿泊特典の魅力
  2. マイル交換の魅力
  3. マリオットボンヴォイポイントの魅力
  4. マリオットホテルグループの魅力
  5. アメリカン・エキスプレス・カードの魅力

アメックスは持っているだけでも一目置かれるステータスカードのイメージがあります。実際は数多くの特典があり、使いこなすことで新の価値が発揮できます。特に旅行分野には力を入れているから、旅行好きやマイラーにとっておすすめできる特典がたくさんあります。

マリオットアメックスの空港優待特典

まずは旅行のときに嬉しい空港で使える特典です。

  • 空港ラウンジ
    いわゆるカードラウンジを本人と同伴者1名の合計2名を無料で利用できます。国内28か所、海外1か所が対象です。利用には当日の搭乗券が必要になります。他社ゴールドカードで使っている人も多いと思いますが、アメックスなら2人で使えるところメリットですね。
  • エアポート送迎サービス
    空港発着のタクシーを格安の定額料金で送迎するサービスです。成田空港、関西国際空港、中部国際空港が対象。利用条件としてHISアメックストラベルデスク経由で航空券や海外ツアーの購入したうえで、事前予約が必要になります。
  • 空港周辺パーキング
    空港からアクセスが比較的良い駐車場の料金割引と優待特典があります。関空の「安い関空駐車場」と「VIPカーデリバリーサービス」は通常料金より20%割引、成田の「サンパーキング成田店」は通常料金より38%割引を受けれます。
  • 空港ポーターサービス
    国際線の出発と到着時に空港内で専用スタッフがスーツケースやゴルフバッグの大きな荷物を運んでくれるサービスです。対象は成田空港と関西国際空港。前日までに予約が必要ですが、子供連れや長期滞在で荷物が多いときには役立ちます。
  • 空港クロークサービス
    空港の手荷物預かり所を荷物2個まで無料で預けられます。対象は中部国際空港のみですが、空港内で食事や買い物のほかに温泉もあるので手ぶらで過ごす価値あり。
  • 手荷物無料宅配サービス
    国際線を使うときに自宅と空港間を無料で宅配便で送れます。スーツケースやゴルフバッグのみですが、羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港が対象です。国内線乗継など地方に住んでる人こそ大きなスーツケースは送って身軽に帰れるから恩恵があります。
  • 大型手荷物宅配優待
    国際線を使うときに自宅と空港間の宅配便を割引になります。対象は羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港です。無料なのはスーツケースとゴルフバッグのみでしたが、宅配優待ではダンボールや自転車などの大型手荷物を1,000円割引で送れます。

マリオットアメックスの保険と補償

次に安心の各種プロテクション。楽しい旅行や日常生活で万が一のことがあったときには利用すべきです。

  • 旅行傷害保険
    最重要なのは海外旅行「傷害・疾病治療費」の保険が自動付帯で200万円まで補償(利用付帯は300万円)。さらに家族に対しも200万円の保険が自動付帯されます。海外旅行保険では「死亡・後遺障害」の1億円が注目されますが、実際は怪我や病気で利用する可能性が非常に高いから「傷害・疾病治療費」に注目しましょう。
  • 航空便遅延費用補償
    海外旅行で乗継遅延、出航遅延・欠航・搭乗不能費用で4時間以上の遅れた場合にホテル代や食事代を2万円まで補償されます。航空会社に預けた荷物が到着から6時間以上手元に戻らなかったら2万円まで、48時間以上手元に戻らなかったら6万円までの生活必需品の購入費用が補償されます。例えば台風で遅延したときに延泊や食費として補償を受けることができます。
  • オンライン・プロテクション
    カード情報が漏洩してしまい、ネットショッピングで悪用されてしまったときに補償されます。情報漏えいが心配な人でも安心してアメックスを使えます。
  • リターン・プロテクション
    マリオットアメックスで購入した商品を購入店が返品を受け付けない場合に、アメックスが購入金額を補償するサービスです。1商品3万円まで、年間15万円までが対象です。洋服や家具などキャンセル不可のお店も多いので、アメックスで補償してもらえるのは安心です。
  • キャンセル・プロテクション
    旅行の予約やコンサートのチケットをマリオットアメックスで支払うと、もしものキャンセル費用の損害を補償してもらえます。入院なら年間10万円まで、通院が必要になったら年間3万円まで、社命出張の場合は年間10万円までキャンセルを補償します。ただし、免責として1,000円またはキャンセル費用10%の金額で高い額を支払う必要があります。もしも、楽しみにしていた旅行が、急な仕事の出張が入ってもキャンセル料を補償してもらえるのは嬉しいです。
  • ショッピング・プロテクション
    国内・海外を問わずマリオットアメックスで購入した商品が90日以内に破損や盗難にあったときに、年間500万円まで補償してくれます。ただし、1件毎に免責1万円かかります。例えば一眼レフカメラを購入して落下して破損したり、海外で盗難にあうこともあります。そのときにこの補償のありなしは大きな違いです。
  • スマートフォン・プロテクション
    スマホの落下や水濡れなどの修理代を3万円までに補償してもらえます。ただし、通信料を直近3ヶ月アメックスで支払うこと、購入24ヶ月以内のスマホであることが条件になります。高額なスマホ修理代が補償されるは嬉しいです。
  • カード再発行手数料無料
    マリオットアメックスカードを紛失・盗難した場合は24時間無休でカード無効化と再発行ができます。手数料は無料で新しいカードを1週間から10日程度で届けてくれます。また、カードが見当たらない場合は、アメックス公式アプリから一時的にカードの利用を停止することもできます。もしものときは、アプリで一時停止できて便利です。紛失しても無料なのはありがたいです。

マリオットアメックス 会員限定イベント

アメックスはトラベルに注力しているクレジットカード会社です。マリオットアメックスもプロパカードのひとつとして、アメックス主催の会員限定イベントに参加することができます。

クレカ会社がやるイベントなんて、たかが知れてると思いますよね。実際に参加したら本当にすごいんです。

今回はキャンペーンに当選して、USJ貸切ナイトのペアチケットを頂いて参加しました。テーマパークの入場料は年々値上げが続いてますが、今回は無料で楽しめます。事前に郵送で受け取った入場券を使ってUSJを満喫できます。

夜8時以降はアメックスの貸切営業なんで、アトラクション待ち時間はほぼ無しでスイスイでたくさん楽しむことができました。

アメックスは会員限定イベントを1年通して開催しています。今回のUSJのみたいに子供でも楽しめるものもあれば、京都のお寺の特別拝観など大人向けのイベントもあります。

  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 貸切ナイト
  • アクアパーク品川 無料招待
  • 京都 東寺 光の祭 無料招待
  • 清水寺 夜間特別拝観
  • 横浜スパークリングトワイライト 花火招待

過去イベントの一覧はこちら

普段は混雑して避けがちの観光名所も、会員限定の少ない人数で満喫できることが限定イベントの特権です。今回みたいに抽選で無料招待のものもあれば、有料で希望すれば必ず参加できるものもあるので、一度は参加してほしいと思います。

マリオットアメックス 家族カード1枚無料

マリオットアメックスは家族カードが1枚無料で発行できます。クレカ支払いのポイントやご利用金額実績を基本カードと合算することができます。ただし、無料宿泊特典は基本カードのみの特典なので気をつけましょう。

基本カードだけだと年間150万円の支払いが厳しいとか、合計400万円以上使ってプラチナエリートにランクアップしたい人にとっておすすめです。家族2人ならパワーが格段に違います。ノルマ達成もかなり楽になりますね。

家族カードもポイント付与は基本カードと同じで100円毎3ポイント貯まるからポイントが貯めやすくて、年間利用額を達成するためのブースト的な役割で発行するのもありです。

マリオットアメックスはマイル交換上限なし

アメックスカードを使っている人にとって有名な話として、プロパカードはANAマイル交換が年間40,000マイルが上限という話を聞きます。

アメックスゴールドやアメックスプラチナで有名な話で、クレカ支払いで貯まるアメックスリワードポイントからANAマイルに交換するときに年間40,000マイルまでしか交換できない制約があります。昔は制限がゆるくてマイラーがアメックスゴールド使うこともよくありました。現在は交換上限が厳しくて、アメックスゴールドやプラチナはマイラー向けとしてはいまいちな側面があります。

マリオットアメックスの場合は、上限なしでマイル交換可能です。なぜなら、クレカ支払いで貯まるポイントが「マリオットポイント」だから30種類以上のマイルに上限なしで交換できます。

上限があるのはアメックスリワードポイントの貯まるクレカのみです。ポイント制度が違う、マリオットポイントは影響なしで無制限にマイル交換ができるから安心です。

まとめ

ポイントサイトを使うことで、お金を使わずにANAマイル、JALマイルを貯めることができるようになったら、カード決済でマルイを貯めることを控えて、マリオットアメックスの決済でマリオットポイントを貯めることが、とても有効な戦略です。

マリオットポイントは有効期限を無期限にできて、30以上のマイルに交換できる選択肢が増えます。さらに、世界8,000以上のホテルにマリオットポイントを使って宿泊することができます。

マリオットアメックス・プラチナカードは、マイルとホテル宿泊の旅行に必要な物をポイントでお得に叶えてくれるクレジットカードと言えます。

年会費49,500円を高いと思うか、安いと思うか、人それぞれの価値観、カード決済額により違うと思うます。このカードの判断要素は年間決済150万円以上できるかにかかっています。毎年の無料宿泊特典を獲得できるなら年会費の元を取ることができるので是非検討してみてください。紹介プログラムで入会後3ヶ月以内に30万円以上決済で合計45,000マリオットポイントが欲しい方は、下記のリンクからお申し込みください。