SPGアメックスはマイル移行上限なし!アメックスポイントの違いとは

アメックスカードと言えば、「ANAマイル年間40,000マイルまで」のマイル移行上限が有名です。

SPGアメックスは、航空会社40以上のマイル移行に上限なし!

もちろん、ANAマイルもマイル移行上限なし!

好きなだけマイルに移行することができます。

・なぜ上限なしでマイル移行できるのか?
・ポイント交換のルールが違うの?

そんな疑問を定番のアメックスプロパーカードと比較してみましょう。

スポンサーリンク


SPGアメックスとアメックスカードのポイント制度の違い

SPGアメックスはマイル移行上限なし!
ANA、JAL含む航空会社40以上に好きなだけ交換可能です。

アメックスプロパーカードはANAマイル年間40,000マイル上限
その他JAL含む航空会社15社はマイル移行上限なし

SPGアメックスには移行上限なく自由にポイントをマイルに交換できます。
一方、アメックスプロパーカードはANAマイルに交換するときのみ、交換上限があります。

この違いには、ポイント制度の違いが関係します。

SPGアメックスで貯まるポイントは「マリオットポイント」

アメックスプロパーカードで貯まるポイントは「メンバーシップ・リワード」

マイル移行上限は、メンバーシップ・リワードのポイントをANAマイルに交換するときの上限です。

SPGアメックスなら、マリオットポイントだから、上限がなしになります。

スポンサーリンク

アメックスプロパーのマイル交換方法と移行上限

アメックスプロパーカードで「メンバーシップ・リワード」ポイントが貯まるカードにANAマイル移行上限が設定されています。

上限対象カード
・アメリカン・エキスプレス・カード
・アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
・アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
・アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
・アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

アメックスの主なカードはすべて上限40,000マイルまでです。

ANAカードは例外的に上限なしで交換可能!

・ANA アメリカン・エキスプレス・カード
・ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
・ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

ANAアメックスカードは、「メンバーシップ・リワード」ポイントを貯めて、ポイント交換でANAマイルに交換するANAカードです。

他のカードは40,000マイルの交換上限がありますが、ANAアメックスカードのみ上限なし!

ANAマイルに好きなだけ交換することができます。

「メンバーシップ・リワード」ポイントは他の使いみちがあります。
例えば、メンバーシップ・リワード・プラスに登録すれば、航空会社の支払いで1ポイント1円、ホテルや旅行代理店の支払いで1ポイント0.8円、通常の支払いで1ポイント0.5円の交換など。

クレジットカード決済で支払った代金をポイントで使うことも可能!

アメックスプロパーカードとANAカードの両方のメリットを得られる特別なカードがANAアメックスカードです。

スポンサーリンク

SPGアメックスのマイル交換方法

SPGアメックスもアメックスプロパーカードのひとつです。
しかし、「メンバーシップ・リワード」ポイント対象外のカード。

貯まるポイントは「マリオットポイント」です。

SPGアメックスのポイントをマイル交換するには、マリオットポイントをマイルに交換する手続きをします。

マリオット公式サイトのポイント交換からマイルを選びましょう。

ログインしたら、希望のマイレージプログラムを選び、マイレージの会員番号と交換ポイント数を入力したら手続き完了!

3日~10日程度で交換されるので、マイレージが反映されているのを確認しよう。

1日あたり3,000ポイント〜240,000ポイントの交換ができます。

ANA・JALなら最低1,000マイルから交換になります。

交換レートはANA・JALなら3ポイント=1マイル

SPGアメックス決済100円=3ポイント貯まるので、還元率1%!
航空会社クレジットカードと同等。

60,000ポイントをマイルに交換するとボーナス5,000マイル追加で獲得!

60,000ポイントまとめて交換で、20,000マイル+5,000マイル
合計25,000マイルもらえてお得!

通常還元率1%ですが、
60,000ポイント交換なら還元率1.25%!

まとめて交換するとボーナスポイントがもらえてお得にマイルを貯められる。
5,000マイルがもらえる特典は常設キャンペーンです。
いつ交換してもボーナスマイルがもらえます。

交換可能な航空会社は40以上から選んで交換できることも使い勝手が良いですね。

普段はANAやJALに注目してしまいますが、
ユナイテッド航空、エミレーツ航空、エティハド航空、シンガポール航空など、いつもと違った旅行をマイルで楽しむこともできる!

マイル交換の選択肢がたくさん!しかもお得な交換レートがSPGアメックスの魅力!

まとめ

アメックスプロパーカードのポイント制度「メンバーシップ・リワード」とSPGアメックスのポイント「マリオットポイント」の違いをお伝えしました。

メンバーシップ・リワードはANAマイルのみ年間上限40,000マイルの壁があります。
ANAアメックスカードを使えば、上限なしに交換することは可能です。
他の使いみちとして、クレジットカードの代金支払や商品交換など使いみちがあります。
航空券の支払いと交換なら1ポイント=1円として使う裏ワザもあります。

SPGアメックスは、マリオットポイントが貯まります。
航空会社40以上のマイルに上限なしで交換可能!
ANA・JALの交換率1%〜1.25%!高レート!
他にもホテル宿泊などにも使える使い勝手の良さが魅力です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)