スポンサーリンク


JAL 新型A350!全席モニター付シート導入!国内線がより快適になる!

2019年9月に導入される新型飛行機A350の客室が公開されました。
新しい座席が導入され、国内線の空の旅がより快適になることが期待されます。

ライバルANAに対抗しているのか、JAL国内線初の全席に個人モニター付の座席になります。
座席リニューアルは、全クラス!
ファースト、クラスJ、普通席がリニューアルされ、A350に対するJALの気合いが伺えます。

JALが力を入れる最新型機A350を解説します!

JAL A350 概要

形式:A350-900
製造会社:Airbus
分類:中型機
用途:国内線

運行当初は国内線仕様ですが、国際線仕様も導入予定!

A350シートマップ

座席数:369席
ファースト:12席
クラスJ:94席
普通席:263席

ファーストを含む、全クラスを装備しています。

スポンサーリンク

JAL A350デビュー

JALは2019年9月1日の羽田→福岡線から国内線でA350の運行を開始します!

JL317便 羽田12:10発 → 福岡14:00着

9月1日の初便は羽田を12:10発から!
それ以降、羽田ー福岡間を1日3往復で運行が始まります。

 

A350の3号機までは特別塗装!

初号機:挑戦のレッド

2号機:革新のシルバー

3号機:エコのグリーン

外から見てもわかりやすい!!

大幅リニューアル! A350機内

A350の特徴は、機内!にあります。

従来の座席から一新したデザインを採用!

JAL国内線としては、初の個人モニターが全席に付きます。
各席でコンセントUSB充電にも対応しました。

A350 ファーストクラス

国内線のファーストクラスは個室感がUP!
従来の白を基調としたシートから黒を中心としたシートへイメージチェンジしました。
座席配列は2-2-2の6席2列、全12席。

はじめて個人モニターが付きます。

リクライニングしても、大きな仕切りがあるので、今まで以上に落ち着ける!

リクライニングが電動に変わりました!

国際線のように、15.6インチの大型モニターで機内エンターテイメントが楽しる!

今まで無かった、コンセントとUSB充電に対応しました!

スポンサーリンク

A350 クラスJ

クラスJは、黒一色のシートから濃い赤色がアクセントのシートに変わります!
座席配列は、2-4-2の横8席。

背面には、個人モニターが付きました!

今までどおり、レッグレスト装備!

11.6インチモニターで機内エンターテイメントを楽しるようになります。

モニター下にUSB充電、シート下にコンセントが付きました!

A350 普通席

普通席は、RECARO製シートです。
座席配列は、3-3-3の横9席。

背面には個人モニター!

座席幅は44cm

10インチの個人モニター!

モニター下にUSB充電、シート下にコンセントが付きました!

まとめ

従来のWi-Fiサービスに加えて、個人モニターやコンセント、USB充電に対応するなど、より便利にパワーアップしたJAL新型シート!
全クラスのシートをリニューアルするJALの意気込みを感じます。
A350は運行当初、3機体制から31機まで増やす計画です。
A350がJALの新たな主役として活躍するのを楽しみしています!

たんたん。

飛行機「マイル」「マイレージ」とは?貯め方、使い方を解説!ANAやJALに無料で乗ることができるマイルの魅力!

2017.09.30

JAL CLUB ESTを解説!20代限定 1番お得なJALカード!サクララウンジでワンランク上の旅を楽しもう!

2018.01.16

JALサクララウンジ スカイビュー!ラウンジ訪問記!

2019.06.17

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)