スポンサーリンク


マリーナベイをゆっくり眺める!シンガポールフライヤーの楽しみ方!

シンガポールフライヤーは、マリーナベイ をぐるっと一望できる観覧車!
マリーナベイサンズ、マーライオンを眺めながら30分かけてのんびり空中散策を楽しもう。

シンガポールフライヤーとは

名称:Singapore Flyer(シンガポールフライヤー)
所要時間:1周30分
開業:2008年4月
営業時間:8:30~22:30
チケット販売:8:00~22:00
料金:大人S$33、子供S$21

シンガポールのマリーナベイにある観覧車がシンガポールフライヤーです。
360°ビューのゴンドラは28人乗りと大型で広々しています。所要時間30分の間にゴンドラないを動き回り、360°好きな眺望を眺めることができます。ゴンドラ中央にベンチがあるので途中休憩しながらのんびり景色を楽しみましょう。

チケット窓口でクレジットカードやNETSの利用も可能です。

シンガポールフライヤー アクセス

シンガポールフライヤーへのアクセスはタクシーがおすすめ!
・MRT:Promenade(プロムナード)駅の出口Aから徒歩8分。
・バス:Aft S’pore Flyerバス停から徒歩3分。
MRT、バス共に屋外を歩く必要があります。通年30℃近いシンガポールの屋外を歩くのは暑くて大変でした。

おすすめのアクセス方法はタクシーです。
マリーナベイサンズ、マーライオンなどからもタクシーで5分程度の距離にあります。
タクシーでシンガポールフライヤーに到着すると上の写真の車寄せで降ろしてもらえます。
降りた向かいにシンガポールフライヤーのチケット窓口があるので、車を降りると同時にシンガポールフライヤー直下まで来れるので、タクシー利用がすすめ!

スポンサーリンク

シンガポールフライヤー チケット購入

シンガポールフライヤーのチケット窓口は、マップで見ると車寄せの場所にあります。
こちらでチケットを購入してから左側のエスカレーターでゴンドラ乗り場へ向かいます。
ゴンドラ搭乗前に簡単な手荷物検査を受けてから搭乗!

シンガポールフライヤー ゴンドラ搭乗

いよいよマリーナベイの空の旅へでかけます!

ゴンドラの中央にベンチが設置されています。
1つのゴンドラ搭乗人数も全員がベンチに座れる程度と少なく快適です。
ゴンドラはエアコンもしっかり効いているので安心!日本に比べるとエアコンが強いです。

出発すると眼下にF1シンガポールのメインストレート!
F1直前に訪れたので、準備の真っ最中でした。

高いところに登るまでの間、ゴンドラ内のタブレットに注目!

タブレットでシンガポールフライヤーからの眺望が楽しめます!
昼と夜が切り替えできるうえに、360°ぐるぐる好きな角度から事前にチェック!

スポンサーリンク

シンガポールフライヤー 見どころは後半!

いよいよ頂上に来ました。
前のゴンドラのお客さんも立ち上がって景色を楽しんでいます!

頂上を越えるとマリーナベイ方向の眺望が広がります!
右奥にマーライオン!左にマリーナベイサンズ!

ゴンドラ内を動き回り右の眺望!

左にはガーデン・バイ・ザ・ベイ!奥に貨物船も多く停泊しています。

ゴンドラは下の方もよく見えます!とっても高くて怖い!

後半はゴンドラ内からいろんな角度を楽しんでいるうちに、あっという間に乗り場に帰ってきました。

出口の先にはお土産屋さんがあり、シンガポールフライヤーの旅はおしまい。

まとめ

シンガポールフライヤーの1周30分と案内されています。しかし、このときは平日でメンテンスを行っていたので、途中、止まったり、ゆっくりな動きになりました。1周帰ってきたら50分!ほんとのんびりとマリーナベイをいろんな角度から楽しむことができました。
マリーナベイ周辺には展望スポットがたくさんありますが、のんびり楽しみたいならシンガポールフライヤーがおすすめ!

たんたん。

シンガポールSIMカード購入方法!チャンギ空港で簡単格安購入!

2019.10.01

シンガポールドル両替!チャンギ空港両替所がお得でお手軽!

2019.09.30

チャンギ空港 荷物預かり所!手ぶらで空港満喫するのにおすすめ

2019.10.02

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)