スポンサーリンク


機材トラブルによる遅延体験記 ANA 那覇→羽田 NH476便

f:id:physiks7diary:20180217140838j:plain

那覇から羽田へ帰るところ、機材トラブルによる1時間以上の遅延に遭遇しました。

この飛行機はNH477便として羽田を15:40に出発して那覇に18:30に到着する予定でした。しかし、羽田を出発する際に機材のトラブルが発生したため、飛行機の整備を実施してから運行することになりました。この整備作業に1時間掛かってしまい、羽田を1時間遅れで出発しました。そして、那覇にも1時間遅れて到着。折り返し便のNH476便の出発も同様に1時間遅れて出発することになりました。

今回は飛行機が事前に遅延することが判明している機材トラブルによる遅延の体験をまとめます。

概要

f:id:physiks7diary:20180217204406j:plain

遅延の原因はNH477便 羽田→那覇で機材整備に1時間掛かったことです。

折り返し便となるNH476便 那覇→羽田に搭乗します。こちらも同様に1時間遅延での運航となりました。

また、後続便のNH1098便 那覇20:05発より遅れて出発することになりました。

f:id:physiks7diary:20180114105337j:plain

那覇観光を終えて、那覇空港に戻ってきました。

www.tansoratan.com

何気なくANAのアプリを開いて搭乗便を確認します。

f:id:physiks7diary:20180218101335j:plain

大きく黄色い縁付きで遅延と書かれています。

10分や20分程度なら那覇ではよくあることです。特に冬は偏西風が強く吹くため遅延はつきものです。

しかし、今回は違います!なんと1時間遅れと表示されています。

f:id:physiks7diary:20180217140236j:plain

WEBサイトの運行状況を確認しました。こちらは20:00発となっていて、どの情報が正しいのかよく分かりません。

スポンサーリンク

搭乗手続き

スッキプサービス対象のため、搭乗手続きをする必要はありませんが、今回は搭乗券発券のためにも搭乗手続きをします。

f:id:physiks7diary:20180217135027j:plain

自動チェックイン機で手続きしようとしたところ、ANAカードを読み込ませると同時にお取り扱い中止の案内が印刷されました。自動チェックイン機付近にスタッフはおらず窓口に向かいました。

f:id:physiks7diary:20180114105346j:plain

購入・搭乗手続きの窓口には数人並んでいます。まだ、搭乗まで時間があるからかもしれませんが、大混雑のようなことはありませんでした。

今回はプレミアムクラスクラス搭乗のためプレミアムチェックインカウンターで手続きします。

f:id:physiks7diary:20180114105352j:plain

搭乗手続きカウンターで飛行機が遅延している旨のお詫びと乗り継ぎ便の有無の確認がありました。それとミールクーポンが発行されました。

那覇空港の場合、レストランの他にスターバックスやANA FESTA等で使用できるとのことです。目当てのお店がある場合はチェックインのときに対象店かどうか聞いてみるといいと思います。

f:id:physiks7diary:20180114105356j:plain

食事はプレミアムクラスの食事があるのでお土産を買うことにします。

このお値段をみて躊躇していた海ぶどうをゲットしました!

賞味期限が5日程度あり、常温で保存できるので持ち運びにも便利です。

スポンサーリンク

搭乗まで

f:id:physiks7diary:20180114105405j:plain

幸いにもプレミアムクラス搭乗のため、ANAラウンジが使用できました。この時間帯は出発機が多いこと、那覇空港のラウンジは狭いため非常に混雑していました。椅子を確保できたので、ここで過ごしました。

f:id:physiks7diary:20180114102727j:plain

搭乗時間が近づいてきたので搭乗口へ移動しました。

400人が飛行機に乗ることもあり大混雑しています。また、1時間以上遅れているので殺伐とした空気が漂っています。

f:id:physiks7diary:20180217095501j:plain

搭乗が開始されます。周りのイライラオーラに飲み込まれそうなので、優先搭乗せずに最後に搭乗します。

まとめ

f:id:physiks7diary:20180114105417j:plain

最終的に1時間18分遅れで出発して、1時間15分遅れで到着しました。

帰路は予想外の展開が待っていましたが、無事終電を逃さずに帰宅できてよかったです。

次回は、このNH476便のプレミアムクラス搭乗記をお伝えします!

たんたん。

www.tansoratan.com

www.tansoratan.com

www.tansoratan.com

www.tansoratan.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)