スポンサーリンク


絶景!マリーナベイサンズの屋上インフィニティプールと展望デッキの使い方と楽しみ方!宿泊者専用の屋上プールは最高!

シンガポールで1番訪れたい場所!マリーナベイサンズの屋上プールと展望デッキを紹介します。
屋上プールは宿泊者専用!マリーナベイサンズに泊まれば無料で利用できます。プール出入口に専用ゲート(自動改札機)があり、ルームキーをかざして出入口することになります。
展望デッキは、マリーナベイサンズ宿泊者は無料!一般利用は大人26ドル子供20ドル。一般利用の場合、タワー3側にエントランスがあり、チケットを購入して入場します。宿泊者は各タワーの高層階用客室エレベーターで最上階57階へ!一旦、プールエリアを抜けて、タワー3側にある展望デッキへ向かいましょう。
タワー1,2,3のプールはつながっています。どのエレベーターで57階に来ても同じ!入場には1人1枚ルームキーが必要。プールと展望デッキの間にも自動改札機があり、ルームキーをかざして通過します。

スポンサーリンク


マリーナベイサンズ 概要

ホテル名:マリーナベイ・サンズ
ブランド:ラスベガス・サンズ
メンバーシップ:サンズリワード
住所:10 Bayfront Avenue Singapore 018970
チェックイン:15:00
チェックアウト:11:00

マリーナベイサンズ 宿泊記 大満足!プレミアルームのシティービュー

名称:インフィニティプール
場所:57階
営業時間:6:00〜21:00(延長営業23:00)
入場料:無料(宿泊者限定)

名称:サンズ・スカイパーク 展望デッキ
場所:タワー3 57階
営業時間:月〜木 9:30〜22:00、金土日 9:30〜23:00
入場料:宿泊者 無料、大人26ドル、65歳以上23ドル、子供20ドル

マリーナベイサンズは、ラスベガスを中心にホテルとカジノを展開するラスベガス・サンズのグループホテルです。
2010年にマリーナベイサンズは、3棟のホテルと各棟を繋ぐ船型のプールを中心にカジノやショッピングモールを併設する大型の複合施設としてオープン。その大きさから今では、シンガポールを象徴する場所となっています。

スポンサーリンク

マリーナベイサンズ 屋上インフィニティプール

タワー1の高層階用エレベーターで57階のプールへやってきました。
エレベーター降りると自動改札機があり、ルームキーをかざすと入場できる仕組みになっています。
ルームキーはチェックイン時に1人1枚渡されるので、忘れずに!

世界で有名な天空プール、インフィニティープール!
プールからそのまま地上に落ちてしまいそうな絶景です。

プールの端からパノラマビュー!
マリーナベイエリアを一望できる眺望です。

高層ビル群はシンガポールの金融街です。

プールはタワー1からタワー3までつながっています。

プールサイドに椅子が並び、空いている席を自由に使えます。
写真中央のタオルセンターでバスタオルが借りられます。
更衣室は無いので部屋から水着でプールを訪れることになります。
また、展望デッキへはプールを通り抜ける必要があるので、洋服姿の方も多くいます。

プールで泳いでいる人はわずかで、プールの端から眺望を楽しんでいる人がほとんどです。

スポンサーリンク

マリーナベイサンズ スカイパーク展望デッキ

マリーナベイサンズのプールから自動改札機を通り抜けると展望デッキへ行けます。
展望デッキはタワー3の端にあります。

タワー3から遠くなってしまう、高層ビル群もよく見えます。

マーライオンやフラートンホテルもよく見渡せます。

シンガポールフライヤーは展望デッキでのみ見ることができます。

プールから展望デッキへ来ると階段上の奥に改札があります。
左のパラソルがあるのは、セラヴィクラブラウンジです。

セラヴィの下に売店があり、グッツや軽食の販売があります。

日中の展望デッキは混雑していません。日差しが強いので長居する雰囲気では無いかもしれません。

まとめ

マリーナベイサンズのプールと展望デッキをお伝えしました。
宿泊者限定のプールはシンガポールでも必ず訪れたいと思える場所です。日中の日差しが強い中でもプールの中から快適に景色を楽しめます。プールサイドではドリンクや食事を部屋付で注文も可能なので、のんびりした時間を楽しめると思います。
展望デッキは眺望が良いものの最低限の設備しか無いので、日差しが強い日中は長時間過ごす感じではありません。眺望は良いので景色を楽しみたいなら訪れると良いと思います。
マリーナベイサンズに宿泊するなら、昼と夜など複数回訪れても良いくらい楽しめる場所なので時間を作って楽しんではいかがでしょうか。

たんたん。

【朝食】マリーナベイサンズ RISE 品数豊富で広々レストラン!

シンガポール名所 マーライオン 昼と夜と通って分かった違いとは

夜のクラークキーからマーライオン公園まで散歩!レストランやバーの活気を楽しもう!

シンガポールチリクラブ ジャンボ・シーフード JCB限定スペシャルメニューがおすすめ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)