スポンサーリンク


ANA 新千歳→羽田 NH82便 搭乗記

f:id:physiks7diary:20180508215908j:plain

2月下旬、三角飛び搭乗記をお伝えします。

今回は、NH82便 新千歳 20:30発 → 羽田 22:10着 B777-200(772)に搭乗します。

朝の羽田から沖縄を経由して札幌まで来ました。

前回は短い時間でしたが札幌市内散策へと出かけました。

www.tansoratan.com

三角飛び最後のフライトは、普通席で羽田へ向かう予定でした。

プレミアムクラスに空席があったので、当日アップグレードに挑戦します。

プレミアムチェックインカウンターでアップグレードしたい旨を伝えれば手続きしてもらえました!

当日に空席があれば一律9,000円(税別)でアップグレードできました。(2018年2月現在のルールです。2018年4月からルールと運賃が異なります。)

ANAラウンジ 新千歳

f:id:physiks7diary:20180508215511j:plain

アップグレードできたので、プレミアムチェックインから保安検査を通過します!

新千歳は保安検査場が混んでることが多いので嬉しいサービスです。

f:id:physiks7diary:20180425224359j:plain

保安検査を抜けたところにエスカレーターがあります。

一つ上の階へ移動するとラウンジフロアです。

f:id:physiks7diary:20180508215520j:plain

新千歳のANAラウンジはリニューアルされたばかりです。

入ってすぐに苔山のテーブルが設置されているのが特徴です。

f:id:physiks7diary:20180425224404j:plain

ビールは3種類。左からサッポロクラシック、アサヒスーパードライ、キリン一番搾り、ハイボールの順で並んでいます。

f:id:physiks7diary:20180425224408j:plain

もちろん、サッポロクラシックを選択!

泡が消えてしまったのはご愛嬌(笑)

ビールを楽しんだら搭乗しましょう。

スポンサーリンク

搭乗

f:id:physiks7diary:20180508215532j:plain

搭乗口9番から出発です。ANAラウンジのすぐ近くなので、ギリギリまでラウンジで過ごすこともできます。

のんびりしていたので飛行機の写真を取り忘れてしまいました。

f:id:physiks7diary:20180425224415j:plain

着席!!中央ブロックの最後列です。左側2席は空席でした。

f:id:physiks7diary:20180425224421j:plain

足元も十分広いです。

夜で景色があまり楽しめないので、通路側でのんびり過ごすのが定番となりました。

スポンサーリンク

機内食

f:id:physiks7diary:20180425224424j:plain

新千歳-羽田は温かい機内食で提供されます。

f:id:physiks7diary:20180425224427j:plain

穴子飯、合鴨のスモーク、蟹餡かけと言ったメニュー。

f:id:physiks7diary:20180425224431j:plain

メインは銀鰈煮つけと焼き豆腐です。

f:id:physiks7diary:20180508215542j:plain

ご飯を食べて、うとうとしているうちに羽田に到着します。

1時間30分のフライトはあっという間です。

f:id:physiks7diary:20180425224440j:plain

プレミアムクラスなので、早々に到着ロビーへ向かえました。

まとめ

f:id:physiks7diary:20180425224443j:plain

新千歳→羽田は機内食を食べているとあっという間に到着してしまいます。

のんびりしたいなら普通席の方がいいかもしれませんね。

朝から3便に搭乗して、沖縄と北海道を楽しむ贅沢な時間を過ごせました。

もっと観光したい気持ちがある一方、こんな旅ができるのも修行の醍醐味だと思います!

たんたん。

www.tansoratan.com

www.tansoratan.com

www.tansoratan.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です