スポンサーリンク


ANA 羽田→石垣 NH89便 搭乗記

羽田から最南端、南ぬ島 石垣空港へ!
早朝の羽田から南国の楽園へ日帰りで満喫する石垣島の搭乗記をお伝えします。
今回は、NH89便 羽田 6:20発 → 石垣 9:20着 B767-300(76P)に搭乗します。

羽田から石垣島まで、ANAなら毎日2往復就航しています。羽田からは早朝と昼頃飛び立ちます。
今回は早朝便で石垣島へ向かい、6時間観光して、石垣島発が夕方の便で羽田へ帰ってきます。

早朝の羽田空港アクセス

朝5時。羽田国際線ターミナルに到着しました。
JR蒲田駅から早朝バスを利用しました。
深夜・早朝は割増料金が掛かります。車両も通常の京急バスの路線バスがやってきました。

時刻表 JR蒲田駅 4:30 → 羽田国際線 4:53
運賃 現金560円 IC552円

国際線ターミナルに到着したら、すぐに写真の緑のバスに乗り換えます。
羽田空港のターミナル間無料連絡バスです。国際線→第2→第1→国際線の順で終日無料で利用できます。

10分弱で第2ターミナルに到着。

朝5時過ぎ、少し薄暗い印象です。

自動チェック機は稼働していました。


案内表示時で搭乗ゲートを確認するまでは順調!

保安検査場 開始

到着した時点では、保安検査場は閉まっていました。

また、プレミアムチェックにはクローズの看板です。

5:10過ぎ。
自動手荷物預けカウンターが開始されました。
プレミアムチェックには順番待ちの行列が出来ています。
5:15、一斉に保安検査場と有人カウンターが開始されます。

スポンサーリンク

ANAラウンジ

保安検査を済ませたら、ラウンジへ!
多くの方がスイートラウンジに吸い込まれて行きます。
私は、左のANAラウンジへと進みます。
どうやら、1番乗りです。
プレミアムチェックインの列は全員手荷物預けカウンターへ行ってしまいました。1番乗りで保安検査を通過して、ラウンジに到着した様です。

本当に好きな席が選べるラウンジは初めての経験です。
しかし、座る場所はいつもと同じエリアでした(笑)
ラウンジで少し休憩したら、すぐに搭乗です。

搭乗

搭乗口は保安検査場の近くで、ラウンジ出口からも近い場所でした。
優先搭乗を活用させてもらいましょう。

搭乗しました。
767のWi-Fiなし。旧型シートの機体です。

出発時刻ギリギリまでお客さんが搭乗してきます。
慌てて搭乗する方も多く見受けられました。
無事、定刻でセットスライドバー!

朝日に照らされるターミナルを眺めながらプッシュバックされます。
ほぼ待つこともなく、あっという間に、

羽田空港 離陸


Take off!!
D滑走路から離陸して、大きく旋回したところです。

空港に多くの飛行機が駐機しています。ここまでいっぱい飛行機を見れるのは、早朝の特権!

D滑走路は離陸待ちの渋滞ができています。

横浜から富士山の視界良好!

横浜ベイブリッジを過ぎて、磯子エリアから。

雲が厚くなってきていましたが、富士山!

1番近づくときには薄い雲が現れてきました。

その後は、雲の上へ。

スポンサーリンク

機内食

安定飛行になり、程なくして朝食です。

サンドイッチとスープの定番メニュー。
ドリンクは、オレンジジュースにしました。

メニューはこちらです。

雲の上の飛行が続きます。

40,000ft近くを飛行しているので、窓と窓の間に凍結している様子が伺えます。

石垣空港 着陸

高度を下げれば快晴!
さっそく石垣島と石垣空港が見えてきました。
サークリングアプローチと言う方法で着陸します。空港の横を通過してから180度旋回して滑走路を目指します。

島の周囲にはサンゴ礁。

左奥に石垣市街地を望み、一路空港へ180度ターンします。

田畑を望めばすぐに、

着陸!

新しくなった石垣空港には誘導路も整備されて、便数増に対応しています。

ターミナルに到着です。

到着ロビーでは、「おーりとーり」は石垣島の方言でいらっしゃい!

まとめ

早朝の羽田便なので遅れることもなく、9時過ぎには到着しました!
朝の澄んだ空気の東京、横浜を眺めたら、着陸直前には石垣島のサンゴ礁や市街地の絶景を楽しめるフライトになりました。
機内でのんびり過ごしたので、レンタカーを借りて6時間の南ぬ島へでかけます!

たんたん。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)