JAL羽田→那覇で深夜便を運行!最安値で沖縄滞在時間を最大限延ばせる深夜便の魅力!

8月15日限定、JALが東京から沖縄へ深夜便を就航することが決まりました!
普通席なら9,200円~と格安で沖縄旅行へ出かけることができます。
深夜便を使うことで、翌朝から沖縄の観光を楽しめるので、日中便より安く、長い時間沖縄を満喫できることが魅力!

JAL以外にANA、スカイマークが夏季限定で深夜便を運行しており、JALは対抗する形での就航です!

スポンサーリンク


JAL沖縄深夜便 運行概要

便名:JL3979便
運行日:2019年8月15日
出発時間:羽田 8月15日 22:55発
到着時間:那覇 8月16日 1:30着

機種:777-300(773)
座席:クラスJ、普通席
機内Wi-Fi:○
電源:×

JALが沖縄深夜便を運行するのは、2019年8月15日発の1便のみ!
JAL国内線の深夜便は、普段は運行されていません。
夏休みシーズンを狙った増便です。

8月15日(木)に仕事をしてから、羽田空港へ
8月16日(金)をお休みして、土日と合わせて、3日間の沖縄旅行と言った使い方もできます!

沖縄深夜便は、500人乗りの大型機が使われます。
ANAやスカイマークの深夜便は中型機や小型機が使用されいるにも関わらず、満席になることが少ないです。
JALの深夜便は、大型機なので快適な空の旅が期待できます!

座席はクラスJと普通席の2種類。
家族で旅行なら、3人-4人-3人の座席配置の普通席。
カップルや夫婦なら、2人-4人-2人のクラスJ。
一緒に出かける人数に合わせて柔軟に合わせられる座席配置になっています。

スポンサーリンク

深夜便だから安い!JAL沖縄深夜便のメリット

JAL沖縄深夜便のメリットは、価格です。
夏の沖縄便は、需要が高く、運賃も高く設定されています。
深夜便なら普通席9,200円~と安い!
※購入価格は9,610円(運賃9,200円+羽田空港使用料290円+那覇空港使用料120円)

JALは預け荷物も20kgまで無料!座席指定も無料!
LCCに対抗した低価格なので、お得に沖縄旅行をするに最適です!

沖縄到着は深夜1:30です。
到着後、ホテル宿泊後、朝から沖縄を満喫!
到着後、レンタカーで万座や備瀬崎など移動も可能!
朝から美ら海水族館など観光を楽しめるのもメリット!

沖縄滞在時間を最大限楽しみたいなら深夜便はおすすめ!!

スポンサーリンク

JAL沖縄深夜便で注意ポイント

夜の時間を利用できる深夜便ですが、利用に際して気をつけたい点があります。
空港到着後の移動手段です。

沖縄到着は、深夜1:30です。
バスやモノレールの公共交通機関が運転していません。
日中であれば、那覇市街地など各地へモノレールやバスを使って気軽に移動できますが、深夜は運転していません。
タクシーは利用可能!日中より移動に費用が必要かもしれません。
一部レンタカーは深夜営業するので、確認してみると良いです!

それでもお金をかけたくない場合、空港ターミナルも一部エリアが開放されます。
ANAやスカイマークの深夜便利用者もいるので、ベンチはすぐに埋まってしまいます。
昨年は床に寝ている方も居ましたので、覚悟があれば滞在可能です。

空港内コンビニ等は閉店しているので、事前に食料と滞在先の確保がおすすめ!

まとめ

ANA、スカイマークに加えて、JALも沖縄深夜便が運行されます。
今年は1便限りですが、利用客が多ければ増便されることが期待できます。
夏休みの時間を有効活用して、沖縄へ旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

たんたん。

JAL 新型A350!全席モニター付シート導入!国内線がより快適になる!

東京モノレールに乗ってJAL 20マイルが貯まる!モノレールでタッチキャンペーン!

JALサクララウンジ スカイビュー!ラウンジ訪問記!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)