クレジットカードとは?使い方・仕組み・支払い・作り方のクレカ基礎知識!

クレジットカードとはどんな支払い方法なのか、どうやって使うのか、作り方など、クレカの基礎知識を徹底解説します。
利用するメリットや各種特典内容や気をつける点など、まだクレジットカードを使ったことがない人やこれからクレジットカードを作りたいと思っている人に向けてお伝えします。

クレジットカードは、18歳以上であれば作ることができます。
主婦や学生など、収入が無い人でも作成できます。
ただし、高校生は卒業してから作ることができます。

クレジットカードがあれば、オンラインショッピングや店頭の支払いなど、いろんな場面で使うことができる便利な決済手段になります。

現金よりクレジットカードが優れているのは、ポイントが貯まってお得!
クレジットカードで支払うと、支払った金額に応じてポイントが貯まります。
概ね100円毎に1ポイントがもらえます。つまり、買い物が1%割引!

もらえるポイントはクレジットカードによって違います。
楽天カードなら、楽天ポイントです。1ポイントを1円分として使うことができます。

他にも航空会社のマイルが貯まって旅行に行くことができたり、色々な商品に交換することができます。
ポイントの有効期限がなし!ずっと貯めて好きなときに使えるポイントもあります。

クレジットカードを作って使うのは、18歳以上なら誰でもできる簡単でお得な決済手段です。
今ではコンビニやスーパーなど日常生活で簡単に使うことができます。

スポンサーリンク


クレジットカード支払いの仕組み

クレジットカードはどのように支払いがされるのか、図に沿って全体の流れをおおまかに説明してから、それぞれを詳しく解説します。

お店で会計するときに、クレジットカードを店員さんに渡して支払いしてもらえます。
店員さんがレジの端末にクレジットカードをスライドしたり、差し込んでクレジットカードを読み取ったら支払いは完了です。
少額の支払いなら、クレジットカードを渡すのみで支払い完了です。
高額の支払いの場合、追加で書名や暗証番号を入力して支払い完了です。
お店でカード1枚を出すだけで簡単に決済完了できるスマートな支払い方法です。

クレジットカードを支払った後日にネットから支払い日と店名と金額が記載された明細一覧を確認できます。
お店で使った日から数日経ってから反映されます。使ってすぐに利用履歴が確認できないので注意が必要です。
クレジットカードを使うごとに1件1件明細に記録されます。

明細に記載された支払いを月に1回まとめて銀行引き落としで支払いします。
クレジットカードを作ったときに必ず銀行口座を登録します。
登録された口座から自動的に利用額が支払われる仕組みになっています。

クレジットカードとは、利用履歴をクレジットカードに残して、溜まった支払いを月1回まとめて銀行引き落としで支払う決済手段です。クレジットカードを使うとポイントがもらえるので、1%程度お得になるからみんな利用する便利な支払い方法です。

クレジットカード使い方!支払い方法の違い

クレジットカードの使い方は、クレジットカードを店員さんに渡せば完了します。
オンラインで利用する場合は、クレジットカードの券面のカード番号や有効期限などを入力して支払うことができます。

お店でクレジットカードが利用できるかどうかは、レジ付近に設置されているブランドロゴを確認しましょう。

ブランドロゴとは、決済を実施している会社のことで、大手5社が有名です。
・VISA
・MasterCard
・JCB
・American Express
・Diners Club

クレジットカードの券面にこのうちどれか1つのロゴが書かれています。
例えば楽天カードの場合、VISA、MasterCard、JCB、American Expressの4つから1つを選んでクレジットカードを作ります。

クレジットカード決済は、楽天カードが支払いしているのではなく、5社いずれかの決済ブランドで実施されます。
このロゴが書かれているお店は対応しているお店です。
自分のカードと同じロゴがない場合は利用することができません。

日本で利用する場合、VISA、MasterCard、JCBはほぼすべてのお店で利用できるから安心して使えます。決済ブランドがあることを知っていることが重要です。

お店では店員さんが支払い処理をしてくれることがほとんどです。
最近は、セルフレジが増えて、自分で端末を操作する機会も増えてきました。
セルフレジでクレジットカードの支払い方法の違いについて、お伝えします。

支払い方法は3種類あります。

  • 磁気スライド決済
  • ICチップ決済 ←定番支払い方法!
  • コンタクトレス決済(タッチ決済)

クレジットカードの支払いと聞いて、1番多くの人がイメージするのが、従来からある方法の磁気ストライプです。クレジットカードを端末にスライドして、カード情報を読取る方法です。
すべてのクレジットカードに必ず利用できる方法です。
しかし、最近はこの方法での支払いが減少しています。磁気ストライプは、磁石などの磁場が強いものを近づけると壊れてしまいます。スマホのタッチ液晶も機種によっては強い磁場があり、スマホにクレジットカードを近づけると、クレジットカードが利用できないなどのトラブルもあります。そのため、新しい方法に切り替わりつつあります。

定番として使われる方法がICチップを利用した方法です。
カードの表面に銀色や金色のチップが付いています。支払いのときに端末にクレジットカードを差し込んで、ICチップのデータを読み取ることで支払う方法が多く使われています。
磁気ストライプに比べて数十倍以上の情報を書き込むことができ安全な手段としても有名で多くのお店で利用されています。

最近、CMで見かける機会の多いのが非接触決済です。
「VISAでタッチ」なんてCMを見たことがあると思います。
コンタクトレス決済やタッチ決済と言われる非接触決済です。
クレジットカードを端末にかざして支払う方法です。
現在は対応しているクレジットカードや対応しているお店が少ないので利用する機会は少ないですが、今後増えていくので知っておきましょう。カード券面の電波の波をイメージするロゴがあれば対応しています。クレジットカードの他にApple Payのクレジットカードも同じ仕組みを使っています。

今は、ICチップを使って、端末に差し込みクレジットカード支払い方法が定番!

クレジットカードを高額で支払うときに、書名や暗証番号の入力を求められることがあります。
少額の場合は、クレジットカードを出して端末にクレジットカードを通すだけで支払い完了です。
高額の場合は、追加で本人確認として、書名または暗証番号の入力が必要です。
どちらになるかはお店によって違います。

書名の場合、店員さんからレシートとボールペンを渡されて、「書名をお願いします」と言われます。金額を確認して署名欄に自分の名前を書きましょう。

暗証番号の場合、店員さんから「暗証番号をお願いします」と言われます。端末のボタンを使って、クレジットカード作るときに登録した4桁の番号を入力してから「確定」ボタンを押します。

高額の金額は店舗によって違いますが、5,000円以上とか、10,000円以上とか、ときどき金額に関係なく全員必須のお店もあります。

百貨店や量販店に多いのですが、支払い回数を聞かれることがあります。
基本は「1回でお願いします。」と言えば大丈夫です。
分割やリボ払いなどを利用したいときは、2回払いなどと言えばOKです。
支払い回数の選択はあとからネットで変更することも可能です。
1回払いで設定することをおすすめします。

クレジットカードの使い方について細かく説明しましたが、ほとんどの場合はレジでクレジットカードを渡したら、レシートとクレジットカードが戻ってきて支払いが完了するスマートな支払い方法です。
色々なオプションもあるくらいのことを知っていれば十分!軽い気持ちで利用をしてみることがおすすめです。

スポンサーリンク

クレジットカード利用明細の確認方法

クレジットカードをいつ、いくら利用したのかをネットで簡単に確認できます。
カード会社のホームページで利用明細を好きなときにいつでも確認することが可能です。

利用明細はクレジットカードで支払ってすぐに反映さません。
利用した日から数日経ってから、利用明細に反映されます。
反映されるまでにタイムラグがあることを知っていることが重要です。
クレジットカードを使ってから明細に反映されるまでは、お店でもらったレシートを残しておきましょう。

レシートと明細の金額が同じならOK!

万が一違った場合や見に覚えのない明細があったらすぐにカード会社に連絡しましょう。
緊急時の連絡先は24時間365日つながります。
慌てずに電話で連絡しましょう。金額の違いは後日修正されます。見に覚えのない明細は、クレジットカード会社が補償してくれます。
私たちがトラブルに巻き込まれて、実際に利用していないお金を支払うことはありません。
自動で保険に加入しているので、分かったときに、すぐクレジットカード会社の緊急連絡先に連絡をすることが大切です。

日々の利用履歴はもちろんですが、貯まったポイント数の確認、今月引き落としされる金額の確認、残りの限度額の確認などもできます。
住所変更などの手続きも利用明細のサイトからできるので、とっても便利で簡単なページです。

定期的に利用明細を確認して使いすぎにも気をつけましょう。

クレジットカードの銀行引き落とし!利用額の支払い

クレジットカードで支払った分は、月1回まとめて銀行引き落としで支払うことになります。
クレジットカード作るときに必ず銀行口座の設定が必要です。設定した銀行口座から毎月自動でクレジットカードの利用額が支払われます。
実際にお店で利用してから1ヶ月~3ヶ月程度過ぎてからお金を支払うことになります。
支払う金額は明細で確認できます。定期的に利用明細を確認して今月いくら引き落としになるのかを確認しましょう。

引き落とし日はクレジットカード毎に決まった日にちに引き落としされます。
カード会社によっては選べるカードもありますが、基本はカード会社指定の日になります。
例えば、15日締めの翌月10日払いのように決まっています。
15日までに利用明細に記載された支払いを翌月の10日に銀行口座から引き落としされることになります。

もしも、引き落とし日に残高が不足した場合、クレジットカード会社から電話や手紙で連絡がきますので、すぐに支払い対応しましょう。
支払いがない場合、クレジットカードが一時的に利用できないなどの措置があります。
さらに、その情報はクレジットカード会社各社で共有されて、新しいカードを発行できないなど厳しい措置に発展することもあるので、分かったらすぐに支払いすることが重要です。

クレジットカードの支払いは毎月決まった日に実施されます。
引き落とし日を忘れずに、銀行口座の残高に余裕があると良いですね。

スポンサーリンク

クレジットカードの作り方

クレジットカードの発行はとってもかんたん!
ネットから申し込みしたら、郵便でクレジットカードを受け取れます。
発行に必要な個人情報と毎月の支払い用銀行口座を登録したら申込み手続きは完了です。

申込みと同時に審査がはじまります。
審査と聞くとビビってしまいますが、心配ありません。
申し込み情報に誤りがないか、過去に支払の遅延などトラブルがないかなどの確認をしています。
初めてクレジットカードを発行する場合、ほとんどの人が問題なく審査を合格できます。

例えば、スマホやパソコンを買うときに分割払いをする人が多いと思います。
分割払いのときも審査をして問題なければ、スマホを購入できます。
そのときと同様に、クレジットカードの発行でも審査をしています。

審査が落ちる可能性がある人はどんな人かと言うと、
・過去に支払いの遅延をしたことがある
・借入している額が大きい
・申込み内容に不備がある

審査に影響しない内容とは
・専業主婦、学生などの職種
・年収や貯蓄額が少ない
・はじめてクレジットカードを申し込む
一般カードを申し込むときにこれら内容はOK!審査にほとんど影響しません。
ただし、ゴールドカードを申し込むときには審査に影響することもあります。

申込みから受け取りまでは、最短翌日から1週間程度で届きます。
発行日数はクレジットカードの種類によって違います。
ほとんどの場合、申し込みから1週間程度で手元に届きます。
いますぐ欲しいなら、翌日発行できるカードを選びましょう。
もっと早く使いたいなら、当日発行できるカードもあります。ネットで申し込み、店頭受け取りなら当日発行も可能です。

クレジットカードが手元に届いたら、お店やネットショップで使いましょう!

クレジットカードを申し込むとき、どこから申し込みますか?

ネットからなら、クレジットカードの公式ホームページと思う人がほとんどです。

実はもっとお得に発行できる方法があります。
ポイントサイトから申し込むと、追加でポイントを獲得できます。

ポイントは、航空会社マイレージ、Amazonギフト券、現金などに交換できます。
つまり獲得したポイント分お得にクレジットカードを発行できると言うこと!

よくショッピングモールやスーパーなどの店頭でクレジットカード勧誘をしているところ見たことがあると思います。
「いまクレジットカード発行していただくと限定で○○○円分のギフト券がもらえます!」
と言う様な勧誘をしてクレジットカードを発行してもらってますよね。

ポイントサイトは、店頭ではなく、ネットで申し込んでもらうためのサービスです。

店頭だとスタッフの人から熱心な説明を受けて、その場ですぐに申し込むことになります。
ポイントサイトは、自分の好きなタイミングに検索して、じっくり時間をかけて特典や条件などの説明を理解してからクレジットカード発行できます。
ひとつのクレジットカードに限らず複数種類の中から最適な1枚を選ぶことができます。

例えば楽天カードをポイントサイトから申し込む場合
ポイント数は時期やタイミングによって違いますが、11,000円分のポイントもらえるときもあります。
もちろん、年会費無料です。その他にかかる費用はありません。無料なのにこんなに、こんなにお得に!

びっくりしますよね。あやしく思ってしまいます。
この理由にはカラクリがあります。
クレジットカードを発行しもらうためにカード会社は広告費を支払って、色々なところでクレジットカード発行してもらおうとします。
例えば、店頭だと広告費からスタッフの人件費などコストを支払って、残りをギフト券などで皆さんに還元します。
ポイントサイトの場合、自社サイトに楽天カードの広告を掲載するだけです。ほとんどコストがかかりません。
コストがかからないから、還元できるポイント数が増えて、皆さんに還元できるポイント数が増える!

ポイントサイトは、たくさんのポイントがもらえてびっくりしますが、ほとんど運営にコストがかからないからできることです。
詳しい説明が聞きたいなら店頭!自分でじっくり考えてお得に発行するならポイントサイト!

ポイントサイトを聞くのが初めての人がほとんどですよね。
どんなサイトか知っている人の方が少ないと思います。

ポイントサイトとは

ポイントサイトは、ポイントの貯まるサイトの総称です。
具体的には、モッピー、ハピタス、ポイントインカムなど、たくさんのサイトがあります。

モッピー?ハピタス?ポイントインカム??
なんか初めて聞く名前のサイトがたくさん登場しましたね。
安心してください。どんなサイトなのか、詳しく説明します。

たくさんのポイントサイトのなかでも、
初心者におすすめの「モッピー」について、解説します。

賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

ポイントサイト「モッピー」
会員数:800万人以上
利用料:無料
開設:2005年5月
運営会社:株式会社セレス
東証1部上場

モッピーは会員数800万人以上が利用するポイントサイトです。
利用するには料金はかからず、すべて無料で使えます。

株式会社セレスと言う会社がモッピーを運営しています。
東京証券取引所1部に上場する会社なので、名前をはじめて聞くかもしれませんが、経営状況も分かるので安心して使えます。
上場するには経営面で数多くの審査があり、問題ない企業だけが上場できます。特に東証1部は大企業とも呼ばれる安定した企業のみが上場できるところです。

モッピーは利用者が多くて運営会社も上場しているから安心して使えるポイントサイト!

会員登録して、モッピーをはじめよう!
ここからモッピーはじめて、ミッションクリアで2,000ポイントがもらえます。

モッピーについて詳しくはこちら。

モッピーをはじめたら、検索画面から目当てクレジットカードを探しましょう。
クレジットカードの「POINT GET!」から申し込みましょう。
ここから先は、クレジットカード会社の公式サイトに移動します。
モッピー経由で公式サイトに来た履歴が残って、後日、ポイントが獲得できます。

貯めたポイントは、航空会社マイレージ、Amazonギフト券、現金などに交換できます。

まとめ

クレジットカードの基礎知識をまとめました。
お店でカード渡すだけのスマートな支払い方法です。支払い額に応じてポイントが貯まってお得!利用明細はネットで簡単確認できるから、支払日を忘れずに支払いましょう。
賢くお得なクレジットカードを発行してみしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)