スポンサーリンク


ANAラウンジ国際線 羽田空港に新たな3つのラウンジがオープン!

2020年3月29日から国際線のANAラウンジが第2ターミナルにオープンします!
羽田空港を発着する国際線の一部が第3ターミナル(旧国際線ターミナル)から第2ターミナルに変更されるのに合わせてANAラウンジが開業とします。
3つのANAラウンジができる豪華な内容です!

  • ANA SUITE LOUNGE
  • ANA LOUNGE
  • ANA ARRIVAL LOUNGE

ANAスイートラウンジ、ANAラウンジに加えて、到着時に利用できるANAアライバルラウンジも開業するので、早朝到着でもシャワーや足湯でリフレッシュできることが羽田空港第2ターミナル国際線ANAラウンジの特徴です。

ANA羽田空港第2ターミナル国際線ラウンジ 概要

今まで国際線の発着はすべて国際線ターミナルを使用していました。
2020年3月14日から国際線ターミナルは第3ターミナルに名称変更して、今後も国際線専用ターミナルとして利用されます。
2020年3月29日から第2ターミナルは国内線・国際線の併用ターミナルとして生まれ変わります。それに合わせて、ANAラウンジ国際線もオープンすることになりました。

ANA国際線のターミナル一覧です。
欧州、北米を中心に多くの便が第3ターミナルから第2ターミナルへ変更になります。
第2ターミナルは国内線と国際線の乗り継ぎが短時間でできることがメリットになります。一方、搭乗便によってターミナルが異なるので利用する都度、ターミナルを確認することが必要です。

第2ターミナルの国際線出発フロアマップです。
ANAスイートラウンジ、ANAラウンジは出国後のエリアにあります。
通常、出国審査を通過したあと、搭乗ゲートへは左方向へ進み下の階へ降ります。
ANAラウンジは出国審査を通過後、逆の右方向に進みひとつ上の4階へ上ることになります。

気になるのはスイートチェックインの存在です。Rカウンターにファーストクラス、ダイヤモンドメンバー用のスイートチェックインがあります。ラウンジに直結なのか。途中から通常ルートに合流するのか。オープンするまで分かりません。
優先保安検査はスイートチェックインの近くから通常とほぼ同じ導線の様に伺えます。

ANAアライバルラウンジは、到着ロビーフロアから専用エレベーターで4階のラウンジに直接アクセスできます。
国際線到着ロビーが2階なので、国内線出発が同一フロアで完結するスマートな構造です。大きな荷物を持って他の階へ移動するのは大変なので、国際線から国内線への乗り継ぎが簡単になります。

スポンサーリンク

羽田空港第2ターミナル国際線 ANA SUITE LOUNGE

ラウンジ名称:ANA SUITE LOUNGE
場所:羽田空港第2ターミナル国際線出国後エリア4階
営業時間:5:00~最終便出発まで
サービス内容:トイレ、多目的トイレ、シャワー、通話スペース、コピー・FAX、手荷物ロッカー、授乳室、おむつ交換台、喫煙スペース、飲食サービス、新聞・雑誌、無線LANサービス

ANAスイートラウンジの構造は4階のラウンジフロアに加えて、3階ダイニングフロア、2階のシャワーフロアに分かれています。

ダイニングフロアでは、ダイニングhが第2ターミナルでも提供されます。
ライブキッチンやヌードルバーなど、シェフが出来立ての食事を提供してもらえます。
ステーキや天ぷらなど本格的な食事提供が特徴で、朝には卵料理、夜にはお寿司も予定されています。
写真を見る限り従来よりキッチンとダイニングエリアがオープンになってる印象を受けます。多くの利用客にも対応できる工夫がなされているのでしょうか。
羽田国際線ターミナル(現第3)にて開始されたダイニングhサービスは、数量限定ステーキなどに行列ができるなど、色々と話題になりましたが、第2ターミナルではどの様な変化があるのか。美味しい食事を優雅に楽しめること期待します。

仮眠エリアが設置されます。簡易的ながらベッドやリクライニングチェアなど横になってくつろぐことができます。また、個室タイプの座席もありプライベートな空間が保てるエリアもあります。ファーストクラスの利用者のみならば需要は限られるかもしれませんが、ダイヤモンドメンバーの利用者が多く、深夜便の多い羽田では人気になるでしょう。

ラウンジエリアにはバーが設置されるなど、従来よりサービスが充実する予定です。
ファーストクラスがある欧州や北米便がほぼすべて第2ターミナルに変更となるので、ラウンジもフラグシップにふさわしい充実した広大なスイートラウンジです。

羽田空港第2ターミナル国際線 ANA  LOUNGE

ラウンジ名称:ANA LOUNGE
場所:羽田空港第2ターミナル国際線出国後エリア4階
営業時間:5:00~最終便出発まで
サービス内容:トイレ、多目的トイレ、シャワー、通話スペース、コピー・FAX、手荷物ロッカー、キッズスペース、授乳室、おむつ交換台、喫煙スペース、飲食サービス、新聞・雑誌、無線LANサービス

ANAラウンジは、4階ワンフロアに広がるラウンジです。シャワーブースが4階と3階に設置され現在の第3ターミナルより利用しやすくなりそうです。マップだけでは伝わりづらいのですが最大級のスペースと座席数のANAラウンジです。

新たにバーカウンターが設置されます。眺望も第2ターミナルからD滑走路方向に開て、飛行機を眺めることもできそうです。

最大級のANAラウンジになる羽田空港第2ターミナル国際線は、入り口から全体を見渡しやすい構造で開放的な印象です。
面積、座席数ともに広く多くの人が利用する状況でも開放的で空席を見つけやすいでしょう。
窓側は飛行機を眺めることも意識しており人気がありそうです。
シャワーブースが多いので利用しやすくなることに期待したいです。

スポンサーリンク

羽田空港第2ターミナル国際線 ANA ARRIVAL LOUNGE

ラウンジ名称:ANA ARRIVAL LOUNGE
場所:羽田空港第2ターミナル国内線出発ロビー
営業時間:4:30~12:30
サービス内容:トイレ、多目的トイレ、シャワー、通話スペース、コピー・FAX、手荷物ロッカー、授乳室、おむつ交換台、喫煙スペース、飲食サービス、新聞・雑誌、無線LANサービス

ANAアライバルラウンジは、国際線の到着ロビーから専用エレベーターで4階へアクセスすることができます。国際線の到着時に加えて、ダイヤモンドメンバーであれば国内線到着でも利用できることが特徴です。

成田空港のみに設置されていたANAアライバルラウンジが、羽田空港第2ターミナルにも誕生します。
おにぎりやサンドイッチなどの軽食やビールなどドリンクを楽しむことができます。
海外から帰国してすぐに日本の味を楽しめます。早朝到着でもひと休みしてから出かけられることも良いところです。

ANAアライバルラウンジの独自サービスとして足湯が設置されます。滑走路や東京湾を眺めながら足湯を楽しむことができます。
シャワーブースも設置されるので長距離移動のあとでリフレッシュできることに重点が置かれたアライバルラウンジです。
営業時間が午前中に限られるので利用時には気をつけましょう。

まとめ

羽田空港第2ターミナルの国際線がはじまります。ANA便の多くが第2ターミナルに集約され、国内線乗り継ぎと合わせて羽田空港の利便性向上します。
ANAフラグシップとも言えるANAラウンジが羽田空港第2ターミナル国際線に設置されます。食事やシャワーブースなど、今まで課題のあったところが改善され使いやすいラウンジになることを期待しています。

たんたん。

SFC

スーパーフライヤーズカード(SFC)とは?生涯に渡ってANA上級会員になれるSFCの取得方法と特典内容のすべて!

ANAカードの選び方!陸マイラーにとって最適ANAカードを選ぶ!

ANAラウンジ 羽田空港 国内線の利用方法と楽しみ方!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)