スポンサーリンク


ANA SFC修行2018 第3弾 沖縄往復編②

SFC修行第3弾は沖縄往復編です。
短時間の那覇滞在となりました。
空港食堂とポークたまごおにぎり本店を紹介します。

前回、羽田から那覇への搭乗記をお伝えしました。

那覇市内に出かける余裕はなく、2時間20分の滞在で羽田に戻ります!
空港内でで有名な空港食堂とポークたまごおにぎり本店に寄って東京に帰ろうと思います。

空港食堂

空港職員がよく利用するうえに、リーズナブルかつ美味しいことで有名な食堂があります。
混雑時には相席になることもあります。それでもOK!なら、ここで沖縄最後の沖縄料理を楽しみましょう!

場所は1階の到着ロビーです。JAL側の右手一番”奥”にあります。
「JAL JTA ツアーカウンター」の看板の奥に青色に白地の旗がある場所が空港食堂です。
ほんとにこんな奥まで来ていいのか戸惑う場所ですが、進みましょう!

お店の前に来れば、一般的なレストランの印象ですね!

入り口のショーケースでメニューを選びます。
入店したら、【食券】を買います。買ったら券売機横で待機している店員さんに食券を渡します。
あとは空いてる席に座って、食券に書かれている番号が呼ばれるのを待ちましょう。
支払いはEdyとWAONと現金が利用できます。
電子マネーが使えるのでマイラーにとってはうれしいです。

壁にANAとJALの大型カレンダーが飾ってあります。

ソーキそば!が到着しました。
このあとぽーたまも食べたいので、軽めにしておきます(笑)
食べ終わったら、食器を返却口へ戻します。
私が席についたときは、空席がありました。
しかし、食べ終わることには満席になって、相席になる席もありました。
お弁当やラフテーなどのお持ち帰りもできるようです。

スポンサーリンク

ぽーたま

空港食堂と同じフロアにあります。
1階到着ロビーの中央付近ANA寄りにあります。
ポークたまごおにぎり本店です。
店名の通りポークたまごおにぎりを販売しています。略して、ぽーたまです。
ぽーたまは、沖縄の郷土料理です。
薄切りにしたポークランチョンミートと玉子焼きを挟んだおにぎりです。
このお店では、ベーシックなものに加えて、ゴーヤの天ぷらや島豆腐やににんじんしりしりなどを加えたスペシャルなものまで数多くのぽーたまを扱っています。
また、写真のように行列になること多いです。
商品を受け取るまでに10分〜20分程度かかります。

店頭に写真付きでメニューの看板があるので、買う商品を選んでから並びましょう。
4個や6個などのお持ち帰りセットもあります。
もちろん、1個から注文できます!店内で食べることもできます。

並んで、注文と会計を済ませると番号札が渡されます。
注文を受けてから作るので、店舗近くのベンチなどで待ちます。
出来上がったら番号が呼ばれるので、受け取りましょう。

私のお気に入りは島豆腐が入った、“島豆腐の厚揚げと自家製油味噌” 400円です。
自宅まで持ち帰ることは可能ですが、空港や飛行機内で食べた方が良いと思います!
できたてが一番おいしい!!

まとめ

空港食堂とぽーたまで沖縄料理を楽しむことができました。
お腹いっぱいになったので、羽田へ帰ります!
次回は那覇から羽田への搭乗記をお伝えします。
沖縄へ来るときは空席もあり快適な空の旅でした。帰りは満席!
ANAでは新しい機材のエアバスA321 ceoで羽田へ帰ります。

たんたん。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)